【一宮市・大野極楽寺公園】「campicnic Vol.5」に行ってきました!

一宮市浅井町の大野極楽寺公園で開催された「campicnic(キャンピクニック)Vol.5」に行ってきました!

ボランティアスタッフとして、案内マップを配布したり、子ども向け謎解きミッションのお手伝いをしました。

子どもたちが楽しそうにすごく一生懸命に謎解きに挑戦している姿を見て、私もうれしかったです。

 

「campicnic」とは


愛知県一宮市の大野極楽寺公園で年2回春と秋に開催されている、キャンプに興味を持ってもらうことを目的としたイベントです。

キャンプをテーマにした様々なお店が出店し、ワークショップも体験できます。
キャンプに興味が湧くような企画もたくさん用意しています。
今回は大野極楽寺公園でキャンプインもできます。
campicnicをきっかけに「キャンプって面白いかも!?」と少しでも思ってもらえると嬉しいです。

 

私はキャンプに興味があったので、ボランティアスタッフ募集記事を見つけて、応募してみました。

10月25日(金)には、事前ミーティングにも2時間参加してきました。

 

当日、ボランティアしてみた!


11月4日(月・振休)朝7時、大野極楽寺公園のcampicnic総合本部に集合。

今回は自転車で行きました。

大野極楽寺公園のすぐそばにはバス停「大野」があり、名鉄一宮駅から名鉄バス川島行に乗って25分(片道420円)で到着します。(会場までのアクセス方法

しかし始発が名鉄一宮駅07:20発→大野07:45着で、集合時間に間に合わないため、公共交通機関を利用してのボランティア参加は難しいかもしれません。

 


会場にはテントがいっぱい張られていて、キャンプイベントだ!ってわくわくしました。

作業についてお訊きしたところ、現在は何もすることがないとのことでしばらく待機していました。

 


8時半になり、担当する謎解きミッション受付を行う案内所へと移動。

案内所の設営準備をお手伝いしました。

 


案内所のそばにはcampicnicの看板が設置されており、すごくかわいかった!

 


こういうかわいい作品は、見ているだけで心がときめいて好き!

 


スタッフ用のバッジもすごくかわいかったです。

フェルトとビーズの手作りバッジで、赤いきのこがかわいい!

 


10時になりマルシェが始まると、お客さんもどんどん増えて賑わってきました。

 


私は案内所でマップを配りながら、子ども向け謎解きミッションの案内をしました。

会場内のどこかに設置された5つのキャラクター看板を探して、各キャラクターについている謎を解いて、マップの解答欄に答えを記入します。

全問解き終わったマップを案内所に持ってきて、最後の問題に正解すると、お菓子をプレゼント!というイベントです。

 


子どもたちにミッションの説明をしたり、最後の問題を出してお菓子をプレゼントしたり、キャラクター看板の場所が分からない子にはヒントを教えたりした。

子どもたちは謎解きにすごく一生懸命で、楽しそうで、会場内を行ったり来たり歩き回っていて、解けたー!と自信満々に解き終わったマップを持ってくるさまはすごく笑顔でうれしそうでした。

 

炭火で焼いた牛肉!


ボランティアの合間にお店を見て回っていたら、「R&C coffee roastery」さんのメニュー看板の「牛皿」という言葉に、目が釘付けになってしまいました。

 


もうめっちゃ美味しそう!

牛肉大好き!

 


炭火で焼かれた牛肉のいい匂いがして、待っている間、楽しみで仕方がなかった。

焼いている姿を見ているのも楽しかったです。

 


私の前に待っている人はふたりだけだったけど、あとから行列ができていて、すごい人気でした。

 


牛皿(600円)美味しかった!

炭火で焼かれた肉は、すごく美味しく感じます。

肉の塊なのにあんまり脂っこくなくて、食べやすかったです。

 

そして15時になり、campicnic終了!

撤収作業をお手伝いしたあと、17時には帰路につきました。

 


帰り際には、「campicnic ブレンド」のコーヒー豆をいただきました!

 

まとめ

今回は一宮市の大野極楽寺公園で開催された「campicnic Vol.5」にボランティアとして参加してきました。

謎解きミッションを通して、子どもたちとお話しすることができたので良かったです。

炭火で焼き上げた牛肉が美味しかった!