現役大学生、名古屋でカフェを開けるのか?!【 人と人が繋がる 恩返しカフェ 】

こんばんは、うえだあやです。

今日は「CAMPFIRE」で面白そうなクラウドファンディングを発見したので、初めてプロジェクト支援してみました。

「CAMPFIRE」は群衆(crowd)から資金集め(funding)ができる、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。

現在までに12,000件以上のプロジェクトが、530,000人以上の人々から総額52億円を集めているとのことで、その規模に驚きました。

 

クラウドファンディングとは?

インターネットを通してクリエイターや起業家が不特定多数の人から資金を募ることを言います。
群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語で、製品開発やクリエイティブ分野などで利用されることが多いです。
(「CAMPFIRE」より)

クラウドファンデング自体は知っていましたが、今までそれほど興味を持っておらず、今日はネットサーフィンしていたらたまたま「CAMPFIRE」に流れ着きました。

クラウドファンディングというと、自分の力(金銭)だけでは達成できない大きなプロジェクトに対して、支援者を募集して資金提供してもらうというイメージだけしか持っていませんでした。

でも今回検索してみたら、ふと興味を惹かれる面白そうなプロジェクトを発見したので早速支援!

ぜひ紹介させていただきたいと思います。

 

現役大学生、名古屋でカフェを開けるのか?!【 人と人が繋がる 恩返しカフェ 】

はじめまして、こんにちは!カフェと名古屋を愛する大学3年の西尾優里です。

私は、どこかに自分の居場所が欲しいと思っている人のため!ありのままの自分をさらけ出せるような、『人と人が繋がる ゆりの恩返しcafe』を開きます。

そのための開業資金をクラウドファンディングで募ります。

 

どうして支援しようと思ったのか?

最初はサムネイル画像「現役大学生が名古屋で移動販売カフェを開く」を見て、まだ大学生なのにすごい!と興味を持ち詳細ページを見ました。

「人と人が繋がる恩返しカフェ」というコンセプトが、すごく素敵だと感じた。

「カフェに行くことが少ない、かつ自分の居場所が欲しい人」をターゲットされていて、まさに私に当てはまっていて、ああこんなカフェが名古屋にできたらいいなって共感した。

私は普段ひとりで行動することが多く、友人と話をするためにカフェに行くことはほとんどありません。

自分の部屋が一番落ち着くので、仕事の日や休日もカフェでひとりのんびりしたり作業することはありませんでした。

カフェにひとりで行っても面白さを感じることができませんでした。

カフェが提供してくれる居心地の良いはずの空間が、私にとっては居心地が良いと感じることができなかったのです。

 

ゆりさんが移動販売をする理由

それは、より近い距離で人と関わるため。

このために、心から喜んでもらえる接客と人間味のある接客がしたい。

移動販売は、店舗のカフェと違い空間を提供するものではありません。

私のカフェでは、お客さんが恩を感じられるような距離感が売りです。

だから私は移動販売がしたいのです。

ああこれだと思いました。

こんなカフェがあればいいなと。

ゆりさんの「カフェを開く」という夢に対する熱意と行動力に圧倒されて、ぜひ応援したくなりました。

さらにそれだけではなく、リターンも魅力的でした。

 

リターン(お返し)について

リターンはCAMPFIREにおいて最大の特徴です。

CAMPFIREは融資・投資とは異なるため、資金に対して金利や株式ではなくモノ・サービス・体験といった、プロジェクトでしか手に入れることのできないリターンを得る(返す)ことができます。
(「CAMPFIRE」より)

プロジェクト支援に対するリターンが、ここでしか経験できないような面白そうな内容ばかりだったんですね。

支援は3,000円から可能で様々なリターンが用意されれおり、金額が上がるにつれてリターンも大きくなっていきます。

例えば10,000円の支援なら、【1DAYカフェ巡りツアー】・【一日店長権3回分】・【開業記念パーティー招待券】のどれか一つを選ぶことができます

私は自分が体験したことのない面白そうなことが好きなので、とても魅力的で支援しちゃいました。

 

まとめ

ということで、募集終了(2018/06/09 23:59)まで残り2日!

”人と人が繋がる ゆりの恩返しcafe”

ぜひ実現してほしいです!

気になった方はこちらからどうぞ!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。