彼氏と付き合って良かったふたつのこと。

今日は彼氏の話をします。

私は3つ下の彼氏と一緒に暮らしている。

彼氏と付き合い始めたのは2014年の4月から。

確かその半年後くらいにはもうお互い実家を出て、最初はそれぞれひとり暮らしを始めてみたけど、気がついたら一緒に暮らしてた。

 

彼氏と付き合って良かったことはふたつ。

実家を出る決意ができたことと、感情が安定したことだ。

 

私はそれまでずっと実家で暮らしてきた。

大学を卒業して働いてはいたけど、母に甘えっぱなしの生活をしていた。

いつか実家を出てひとり暮らししたいなあと思う気持ちはあった。

でもひとりで暮らすことに対して、すごく言いようのない不安があった。

私はいつまでも子どものままだった。

逆に1つ下の弟は、いつの間にか私のことなんてとっくに飛び越して、大人になっていた。

弟は中学を卒業後、すぐに建設業界で働き始めた。

そして20歳のときにはもう実家を出て行った。

弟はきっともうとっくに中学生のときには母の大変さや苦労を理解していたのに、私は何を感じることもなくいつまでも母に甘えていたのだ。

でも私も彼氏と付き合いはじめて、ようやく母への精神的依存から少しずつ抜け出せるようになった。

そして実家を出よう!出たい!と決めて、そこからはあっという間に物件を探して決めて、手続きして出て行った。

あれだけうだうだしてたのに、いざ実家を出ようと決めて行動してみればあっという間のできごとだった。

母から離れて暮らすなんて、当時の私からするともう考えられないことだったけど、実家を出て暮らせたことで、ようやく母から自立して精神的に大人になれた気がした。

 

そして彼氏と一緒に暮らすことで、感情が非常に安定して落ち着いた。

と、自分で思ってはいるが彼氏に訊いたところ、私の感情の波はかなり激しいとのこと。

それは申し訳ない。

私は何だか自分でもよく分からないのだが、情緒的に不安定だった時期があった。

現在の私は、とても楽に過ごせている。

彼氏は私にとって、父でもあり母でもあり弟でもあり、友達でもある。

彼氏というよりは何だろう?

やっぱりお父さんかなあ。

私は彼氏と暮らすことでようやく寂しくなくなった。

正直、生活面においては頼りない。

働いてはいるが、自分のやりたいことしかしない。

恐らく、結婚して一緒に子どもを育てていくのは難しいだろう。

私は今のところ結婚したいとは思ってないし、彼氏から結婚の話が出たこともない。

私も彼氏ができたら結婚したいとか子どもがほしいとか、そんな気持ちになるのかなと思っていたが、特にそんなことはなかった。

だが私にとって「安心できる」というのは非常に重要で、彼氏が私と一緒に暮らしてくれることで、私は自己肯定できている。

こんなことで、感情が落ち着いて安定するなんて、思ってもみなかった。

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市在住。契約社員として働いています。1985年7月30日生まれの33歳。 食べることが大好き!本を読んだり、旅行をしたり、色々な体験をすることが好きです。