【ファン・デ・ナゴヤ美術展2020】ワークショップ「僕と一緒に絵を描いてみませんか!」に参加してきました!

名古屋市民ギャラリー矢田で、画家・垂谷知明(たるたに ともあき)さんのワークショップ「僕と一緒に絵を描いてみませんか!」に参加してきました。

「ファン・デ・ナゴヤ美術展2020」の特別関連プログラムとして開催されたワークショップです。

ふたりで交互に描いて絵を完成させて、面白かった!

 

「ファン・デ・ナゴヤ美術展2020」概要

【会 期】2020年1月9日(木)~1月26日(日)
【会 場】名古屋市民ギャラリー矢田
【開館時間】9:30~19:00
 ※13日(月・祝)、19日(日)、26日(日)は17:00まで
【休館日】月曜(祝休日の場合は翌平日)
【入 場】無料

>>ファン・デ・ナゴヤ美術展2020 | 名古屋市文化振興事業団より

ファン・デ・ナゴヤ美術展のことは、愛知県立芸術大学に置かれていたチラシを見て知りました。

関連記事:【愛知県立芸術大学】愛芸祭2019『パラリラパラリラ』に行ってきました!

 

チラシにワークショップの詳細が掲載されており、画家の方と1対1のゲーム形式で絵を描くなんて面白そうだと思い、初日の1月9日(木)で申し込んでみました!

<特別関連プログラム>
ワークショップ「僕と一緒に絵を描いてみませんか!」

ゲーム形式の制作で、気軽にご参加いただけます。
美術制作の経験や 技術の有無、老若男女は問いません。
制作は一日一名、参加無料です!

詳細・申込はこちら▼
Tomoaki Tarutani / 垂谷知明 公式サイト

 

会場「名古屋市民ギャラリー矢田」


大曽根駅より徒歩16分、または地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」1番出口より徒歩5分。

 


こちらの複合公共施設「カルポート東」の3階と4階が、会場の名古屋市民ギャラリー矢田です。

 


ワークショップは、3階の第7展示室で行われました。

 

ワークショップの様子


今回のワークショップは、垂谷知明さんの展示「コンステレーション/布置された星~あなたとわたしの冒険譚~」のひとつとして、開催されました。

 


画用紙に色鉛筆やクレヨンで、垂谷さんと私が交互に線を引いたり色を塗って、1枚の絵を完成させていきます。

 


①最初に先行の垂谷さんが好きな色、画材で「曲線」を2本引きます。

 


②次に後行の私が好きな色、画材で「直線」を2本引きます。

 


③そして先行の垂谷さんが線の交わりから何かを連想し、よりそれらしくなるよう色を塗ります。

 


先行と後行を交代しながら、①~③を何度も繰り返していきます。

 


そして完成した絵がこちらです!

13時から始めて、気がついたら3時間40分も経っていました。

 

感想

ふたりで交互に描いて絵を完成させる形式は初めてで、面白かったです。

この絵は、垂谷さんと私で描いた絵だ。

でも、私の内面がかなり強く出ている。

絵を描くと、自分の内面や感情がどうしても少なからず表れてしまう。

 

絵を完成させたあと、絵のイメージを垂谷さんに話した。

この絵は、お母さんと子どもだ。

大きいハートがお母さんで、小さいハートが子ども。

大きいハートの右上にのっているのは富士山で、子どもにとってお母さんは日本一なのだ。

お母さんの左側に描かれている銀色のうねうねしたものは、垂谷さんが描かれたムカデだ。

でも私には、お母さんを侵食する悪いもの、暗い感情に見えた。

 

これは小さい時の私の気持ちや望みが表れていると思った。

でも確かに私は、もう大人になったのに、彼氏にお母さんとお父さんともはや弟と友達まで投影してしまって、愛されたいと願っている。

彼氏には申し訳ないと思いつつ、この気持ちはなかなか手放すことができない。

今回のワークショップがきっかけで、そんなことに気づけて、自分にとっては参加してとても良かったなと思いました。

 

まとめ

今回は画家・垂谷知明さんのワークショップ「僕と一緒に絵を描いてみませんか!」に参加してきました!

ふたりで交互に描いて完成させた絵なのに、自分の内面を表していたのは予想外で驚きました。

絵って、とても不思議です。