【名古屋・国際センター】ボードゲームカフェ「Gnade von KAGURA(グナーデ フォン カグラ)」で遊んでみた

こんにちは、上田紋です。

今日は名古屋のボドゲカフェ&スペース「Gnade von KAGURA(グナーデ フォン カグラ)」に行ってきました。

ランチを食べながらボードゲームで遊んで楽しかったです!

 

Gnade von KAGURAへ


名古屋駅桜通口より徒歩12分で到着。

地下鉄国際センター駅3番出口からだと、徒歩1分です。

 


今回は平日(月~金)限定のランチタイムプランを目当てに来ました。

12:00~14:00の間に来店すると、セレクトランチ+1ドリンク付きで何と1時間1,000円!

試しに少しだけボードゲームで遊んでみたかったので、1時間は気軽に行けて、ちょうどいいプランだと感じました。

 


お店は2018年8月1日にオープンしたばかり。

「てーぶるまうんてん」「くいっく・たいむ」「てーぶる・まうんてんふぉう」などレトロゲーム・アニメバーを経営するQTGグループ5号店。
店名は「神楽の恩寵」という意味のドイツ語。
>>名古屋にボードゲームカフェ「Gnade von KAGURA」8月1日オープン – Table Games in the World – 世界のボードゲーム情報サイトより

名古屋駅から近くて、食事も楽しめるボドゲカフェはうれしい。

 

店内の様子


店内に入ると1階はカウンター席になっており、カウンターの後ろにずらっとボードゲームがたくさん置いてありました。

すごい!

2階にもボードゲームが置いてあるとのこと。

写真は帰り際に撮ったので、私の食べ終わった食器類がカウンターの上に載ってます。

 

ランチメニュー


ランチは5種類、ドリンクは6種類から選ぶことができます。

 


今回はハヤシライスと緑茶を注文しました。

ハヤシライス大好きだから、うれしかった!

ボードゲームの合間に、ハヤシライス食べたり緑茶飲んだりしながら、遊ばせていただきました。

 

ボードゲームで遊んでみた

今回は4種類のボードゲームで遊んでみました!

お客さんは私ひとりだけで、今回はスタッフの神楽様とピエールさんがインスト(ルール説明)しながら一緒に遊んでくださいました。

神楽様(@kagura_QTM)はQTGグループの守護神らしく、名前が店名にも入っているし、何だかすごいなと思った。

神楽様はテンションが高くて、親しみやすい接客で、明るい方でした。

ピエールさんは落ち着いていて、穏やかで話しやすかったです。

初心者でも遊びやすくて、できればイラストがかわいいゲームで遊んでみたいとお伝えして、選んでいただきました。

 

キャッチ・ザ・ムーン


最初はキャッチ・ザ・ムーンで遊びました。

パッケージのイラストがすごくかわいい!

 


キャッチ・ザ・ムーンはバランスゲームで、プレイヤーは自分の番がきたらダイスを振り、その目の指示に従ってはしごを1本加えます。

指示に従えなかったり、はしごを落としたり土台やテーブルに触れさせてしまうと、月の涙を1つ受け取ります。

月の涙を先に3つ受け取ってしまった方が負け、というゲームでした。

 


ルール自体は簡単なのですが、このはしごをバランス取りながら加えていくのが難しかった!

はしごが崩れないかどきどきして面白かったです。

 

neu(ノイ)


次はneu(ノイ)で遊びました。

neu(ノイ)は、ドイツ語で「新しい」という意味です。

 


最初に3枚ずつ手札を配ります。

自分の番がきたら、手札から場にカードを1枚出し、山札からまた1枚引いて、手札に補充します。

最終的に場のカードの数字合計が、101を超えると負けになります。

ノイは簡単で遊びやすかった!

 

ナンジャモンジャミドリ


イラストがめっちゃかわいいー!

何だこの底知れないへんてこなふわふわした生き物のかわいさは……。

 


カードには、謎生物“ナンジャモンジャ”族が描かれています。

自分の番がきたら場のカードをめくり、カードの生物に自分で名前を付けてあげて、名前を宣言します。

以降、もし同じ生物のカードがめくられたら、その名前をいちばん早く叫んだ人が、場に溜まったカードをぜんぶ獲得することができます。

最終的に、いちばん集めたカード枚数の多い人が勝ち!

ナンジャモンジャは遊んでて笑えたし面白かった。

 

ドブル


最後はドブル!

 


1枚のカードには、様々な8つのマークが描かれています。

全てのカードは他のカードとたった1つだけ共通するマークが描かれていて、それを探すことがゲームの目的となっています。

先に2枚のカードの間に共通するマークを見つけて宣言し、そのカードを遊んでいるミニゲームのルールで決められた通りに獲得したり、捨てたり、別の場所に置いたりして遊ぶゲームです。

3人で山札から1枚ずつ裏向きにカードを取って、同時に表面を向けて共通するマークを探したのですが、すぐに見つけることができなかった!

ドブルもルールは単純だけど奥深くて面白かったです。

 

まとめ

今回は名古屋のボドゲカフェ&スペース「Gnade von KAGURA」に行って、色々なボードゲームを遊んでみました。

ボードゲームは、人と交流するためのツールとしても優れていると感じました。

ボードゲームを介して、自然と初対面の方とも話をしたり遊ぶことができました。

 

Gnade von KAGURA(グナーデ フォン カグラ)
住所 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目16-17
TEL 052-526-2070
営業時間 日~木・祝日12:00~23:00
金・土・祝前日・祝中12:00~5:00
>>公式サイトTwitter

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼