【書評】好きなことを追求して発信する。ヒロシ/著『働き方1.9』を読んだ感想

こんにちは、上田紋です。

今回は芸人兼ソロキャンプYouTuberヒロシさんの本、『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』を読み終わった感想です。

自分のやりたいこと・好きなことを見つけて、たくさんのタネを蒔き、インターネットメディアで発信していくことを強く勧める本でした。

 

『働き方1.9』概要

「ブレイク全盛期、月4000万円を稼ぎ出していた頃よりも、
僕は今のほうが、気持ちよく仕事をすることができている」(ヒロシ)

「ヒロシです」で一世を風靡した、あの芸人・ヒロシが、YouTuberになっていた。
しかも、YouTubeでは、お笑いネタは一切流さず、ひとりでキャンプする様子を黙々とアップするだけ。
そんな地味な動画なのに登録者数は増え続けて20万人を突破。
尖った才能がなくても、人脈がなくても、ただ好きなことだけして生きていく。
媚びない、群れない、後悔しない。
大手プロダクションを辞め、大金も手放し、自殺寸前まで追い込まれたヒロシがたどりついた、全くゼロからスタートして辿りついた、新しい生き方!

芸人・ヒロシさんのことは、もう10年以上前にテレビでよく見かけた。

「ヒロシです」で自虐的なネタを披露されて、すごく話題になったのを覚えている。

 

読んでみようと思ったきっかけ

私は、現在のヒロシさんがどのような仕事をされているのか、全然知らなかった。

そんななか、こちらの記事をたまたま見つけた。

>>ヒロシに学ぶ「ソロキャンプ」の深い魅力。必要な道具やオススメの場所も教えてもらった|新R25

先日私もキャンプをしたので、気になって読んでみた。

もう読みながら、考え方にめちゃくちゃ共感してました。

まず、「キャンプ」って考えるからダメなんです。
とりあえず山に入り、石に座って川を見ながらコンビニのおにぎりを食べてみてください。
次に、火が欲しいなぁ、と思ったらガスバーナーとヤカンを持っていって、水を沸かしてカップラーメンを食べる。
心地よさを感じたら、それを延長していけばいいだけです。
そのうち、焚き火台や寝袋が欲しくなってきますよ!

私もソロキャンプって道具揃えないといけないし、敷居が高いなと思ってたけど、まずは気軽にやりたいことだけやればいいのかと安心した。

私は食べることが大好きだから、外でご飯を食べるところから始めてみる!

ちょうど手ぶらバーベキューをしながら本書を読みまして、楽しかったから次は道具や食材持参でバーベキューをしてみたい。

 

人は、ひとりでいるから寂しいんじゃなくて、大勢の中でひとりになるから寂しいんですよ。

分かる!

確かに私もひとりでいるときは寂しくないけど、大勢の中でひとりになると寂しさを感じる。

どうしても大勢の中にいると、人と比べて羨ましくなってしまう。

 

ソロキャンプなら、比べる対象がない。
そこには、自然と自分しかいないんです。
集団のなかにいるほうが時として孤独です。
だから、あえてひとりでキャンプをすることで、孤独を感じなくて済むんですよ。
(中略)
人に合わせることがキツい、と思ったらひとりで山に出かけてみてほしい。
あなたは自由なんだから!!

私も集団のなかにいるほうが孤独を感じやすい。

小学校~高校までの集団生活とか特に苦手だった。

まずはバーベキューやデイキャンプを試してみて、面白そうだったら道具を揃えて、ひとり誰もいない自然のなかでキャンプするところまで到達したい。

 

そして記事の最後に本書『働き方1.9』が紹介されていて、ぜひ読んでみたいなと思い、購入しました。

 

感想

本書は全部で4つの章から構成されている。

第1章 何でも屋を諦める~「職人2.0」という働き方~
第2章 たくさんのタネを蒔く~人生100年時代の成功法則~
第3章 好きなことだけして生きていく~遊びを極めたらそれが仕事になる~
第4章 ひとりこそが最強~決定権を持て!そして高速で動け!~

本書の中で、今後は集団や組織といった単位ではなく、個と個が結びつく時代に突入するのではないか、という仮説を打ち立てている。

そのために関わってくる話として、各章における重要な点は、以下の4点に集約されていた。

  • インターネットで発信する
  • 多くのタネを蒔く
  • 好きなことを追求する
  • 決定権を握る

それぞれの章を読んで、特に印象に残った箇所を紹介します。

 

第1章 何でも屋を諦める

僕が「職人2.0」の働き方として勧めたいのは、トーク力や文才や容姿なんかを磨くより、好きなことを突き詰めて、そのまま発信することだ。
徹底的におもしろがって、その気持ちを詰め込む。
(中略)
たとえ「こんなもの」と思ってしまっても、そのまま突き進める変態的に傾けられる愛を発露させることこそが大事なのだ。

まずはインターネットで好きなことを発信してみる!

私もこのブログを始めたのは、本を読んだことがきっかけだった。

しかし思い返してみれば、昔からその時々でイラストを描いたり、手芸をしたり、同人誌を出したりしていたので、何らかの形で自分の好きなことを表現していた。

 

私は動画投稿はまだ試したことがないが、ブログでこれからも自分の好きなことを伝えたり発信していきたい。

他のSNSやブログを一通り試してみて、結局WordPressでのブログに落ち着いた。

WordPressブログは自由度が高くて、更新もしやすいし、すごく好きだ。

  • ドメインを自分の好きなものにできる
  • 文章・イラスト・写真も好きに載せられる
  • テンプレートを利用して、自分の好きなデザインに変更できる

SNSだと、何というか自分の作品・自己表現の場として利用するには、私にとって制約が多すぎた。

当然だがその会社のプラットフォームを利用して発信するのだから、自分の好きなように変更できない部分が多くて、それに対して自分が制限されてしまうという思いが強かった。

WordPressブログはその点、すごく自分に合っていて、発信の場として利用しやすい。

ブログは自分の気持ちを文章に表して、あとで読み返すこともできるから、何だか自分と対話しているような感じもする。

 

第2章 たくさんのタネを蒔く

できれば無駄な苦労などお金を払ってでもしないほうがいいのだ。
(中略)
そして、なるべくラクにリスクも抱えず、やってみたいことにとりあえず手を出す。
下手な鉄砲数撃ちゃ当たるの理論で、いろいろ試してみる。
その際は、周りに評価されるのを防ぐためにも、誰にもいわずにこっそりと無言実行する。
そして、二番煎じだろうと何番煎じだろうと気にせず、自分が好きなことであれば、後追いでも気にせずに取り組んで、ネットで外部に発信してみるのだ。
そして、どこかで芽が出たら、それに力を注げばいい。

苦労したことが報われるわけではない。

それよりは、やりたいことをやった方が良い。

自分が今やりたいことをやってなくて、苦労してると思うなら、さっさと逃げ出した方がいい。

ヒロシさんは上京して3年間ホストのバイトを経験されているが、それは地獄の日々で、そんなもの何の役にも立ってないと語っている。

私も以前6年間働いていた職場では苦労した。

確かに働いて得た経験はあったので、今となっては懐かしく思い出すこともできる。

しかし過去の私が目の前にいたら、今すぐ逃げ出せと言うだろう。

今は好きな仕事ができているし、職場の人にも恵まれているし、転職して良かったです。

何だかんだで結構楽しく生きている。

やっぱり何でも自分の好きなことを色々やってみるのがいちばん楽しいし、私もできれば死ぬまで楽しく生きたい。

 

第3章 好きなことだけして生きていく

まずは自分の中にある好きなことを探してみよう。
昔、猿のようにハマったこと、熱狂的に調べあげたこと、寝る時間を惜しまず没頭したこと。
(中略)
ちょっとした興味でいい。
憧れている人を真似してみたり、好きな異性や尊敬する同性の人の趣味にトライしてみたり、今流行っていることをやってみたりすればいい。

私の好きなことは、読書と食べること!

そして好奇心が強いので、初めて見るものや経験したことのないものに興味がある。

あとは興味を持つと、すぐに人の真似をしてしまう。

真似したくなる。

最近は真似ばっかりしてるなと気づいた。

それが人の真似で二番煎じだとしても、自分がやってみたいと思ったわけで、新しいことに足を踏み入れるのはいいことだ!

 

第4章 ひとりこそが最強

誰かと一緒じゃなきゃやれないものだと、その相手に依存してしまう。
恋人と遊園地に行くのが好きならば、恋人のスケジュールや気分に左右されてしまう。
相手ありきだと自分か相手が我慢しなければならなくなることも出てくる。
こうなると、好きな行動が続けられなくなる。
キャンプ以外もそう。
何か好きなことを仕事にするなら、ひとりで黙々とやってしまうことを選ぶのがお勧めだ。

私は結構我がままで、自分のやりたいことをやるのが好きだ。

人と一緒に行動すると、その分意思決定や行動スピードが遅くなるため、我慢しなければならないことが度々ある。

相手に左右されて、自分の行動に制限がかかることに対してストレスを感じてしまう。

でも人と一緒にいることで学べることも多く、最近は人と行動する機会を増やすようにしてみた。

それで分かったのは、やはり私はひとりで行動するのが好きだということだ。

いやでも完全にひとりきりというのも孤独を感じて寂しいし、基本はひとりで時々は人と一緒がいいな。

 

まとめ

今回は芸人兼ソロキャンプYouTuberヒロシさんのビジネス書『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』を読んでみました。

読んでいて自分のことに置き換えて考えやすい本でした。

これからも自分の興味関心を突き詰めていきたいと思います!