【一宮】Hauska Paikka(ハウスカパイッカ)で初めて羊に触ってきました!!

こんにちは、上田紋です。

今日は一宮駅から徒歩6分ほどのところにあるシェアオフィス・シェアアトリエHauska Paikka(ハウスカパイッカ)で、初めて羊を間近で見て触ってきましたー!

めえめえ!

ふわっふわで人馴れしててかわいかった!

 

羊に会いに行ったきっかけ

今日、職場で同僚から「私、羊を飼ってるんですよ〜」と話しかけられて、羊!?とびっくりして詳しく教えていただいたのがきっかけです!

一宮駅近くで、近々オープンするシェアオフィスで羊を飼ってて、数名でお世話していると。

今朝も出勤前にお世話してきて、また仕事終わったあとにもお世話しに行くって。

最初は羊を飼ってるなんて珍しいな、今度見に行きたいなと思いながら同僚と話をしていたのですが、だんだん羊がすごく気になってそわそわしてきたので、急きょ私も今日仕事帰りに一緒に羊に会いに連れて行っていただきました!

 

羊がいる場所・Hauska Paikka(ハウスカパイッカ)とは

Hauska Paikka(ハウスカパイッカ)は、一宮駅西口から徒歩6分ほどのところにあります。

尾州を知る場、尾州を発信する場、外とつながる場所として、尾州を楽しくする人たちが集まるシェアオフィス・シェアアトリエです。

現在入居者募集中で、今月末にオープン予定。

 

私も今日同僚に連れて行ってもらって、初めて知りました!

一宮駅のすぐ近くに、こんな場所ができていたなんてすごいなあ。

>>Hauska Paikka公式サイト

 

いよいよ羊とご対面!

歩いてHauska Paikkaの入っている建物のそばに近づくと、金網の間から羊が2頭、私をじっと見てた!

めっちゃかわいい〜!

 


建物のなかに入り、外のベランダみたいな金網で囲われたところに羊が2頭いました。

近づくと、私の方に寄って来てくれて、つぶらな瞳でじっとこちらを見ている!

 


金網の中に入り、同僚が掃除や餌やりをしているなか、私はひたすら羊とたわむれてました。

干し草のにおいがして、昔祖父母の家で飼ってた牛を思い出して懐かしくなった。 

 


羊をこんなに間近で見たのも実際に触れたのも初めてだったのでどきどきした!

最初は近づいたら噛まれたり蹴られたりしないか不安だったけど、すっごい人慣れしてた。

 


初めて会った私にも近づいて来てくれて、もうふわふわの頭や顔や身体に私の手を埋めて、めっちゃもふもふしまくりました。

かわいかった〜。

同僚や建物にいた男性に話を聞くと、この羊たちは一宮を盛り上げるために飼っているそうです。

 

一宮は昔から繊維の街として知られており、この子達は春になったら毛を刈って、色んな製品作りやイベントに使われる予定とのこと。

すごいな〜。

ほんとかわいかったです。

毛は表面はちょっとかたくて、でも中に指が根元まで入るくらいふわふわでした〜。

 

2頭ともオスで、現在名前募集中とのこと。

勝手にめえちゃんと呼んで話しかけて触ってかわいかった!

 

まとめ

今日は、Hauska Paikka(ハウスカパイッカ)で初めて羊をもっふもふに触って、とても感激して楽しかったです!

こんなに人馴れしててかわいいとは!

また羊くんたちに会いに行きたいです。

 

Hauska Paikka(ハウスカパイッカ)
>>公式サイト
>>facebook
>>Instagram
住所 愛知県一宮市新生3-6-30 103号
(一宮駅西口から徒歩6分)

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市在住。契約社員として働いています。1985年7月30日生まれの33歳。 食べることが大好き!本を読んだり、旅行をしたり、色々な体験をすることが好きです。