なんと、かみさまは小学5年生だった!

こんばんは、うえだあやです。

最近かみさまについて、考えるきっかけがありました。

そもそもかみさまとはいったいどんな存在なんだろう。

天からいつも人間を見守っていてくださるような、人間にとっての心の拠り所なのだろうか。

子どもの頃はかみさまのことなんて全然考えてなかったけど、年を重ねるにつれて少しずつ、かみさまのことを意識するようになってきた気がします。

初詣に行ったり、厄除けの御祈祷を受けたり、神棚を設置してみたり。

といっても普段の生活の中で意識することはあまりなく。

そんなとき、書店でこの本を見かけました。

『かみさまは小学5年生』!!

えーいやいやかみさまは小学5年生っていったいこの子は何か大人にそそのかされて騙されているのだろうか……と思いました。

でもそのインパクトあるタイトルと、表紙の女の子の笑顔が家に帰っても頭から離れず、結局Kindle版を購入してしまいました。

すみれちゃんは小学5年生で、生まれた時からかみさまや天使さんたちとずっとお話していた。

他にも人のオーラが見えたり、おなかの中にいるあかちゃんが見えたり、話せたりもする。

とにかくいろんなことができるとのこと。

最初はふーんと思いながら読んでて、私にはかみさまや天使さんも見えないし話もできないから、その辺りはすみれちゃんがこの本の中で話していることが真実なのかどうかは分からない。

でもすみれちゃんの人に対する肯定力がすごいと思いました。

「自分を信じてみとめなさい!!」って言葉にどきっとしました。

そして笑顔。

すみれちゃんの笑顔はかわいい。

何だか見ていて安心します。

もっとすみれちゃんのことを知りたくなり、検索してみたらブログを発見。

「すみれ&ゆきの魂が丸ごと満たされるかみさまのおはなし」

一度すみれちゃんに会ってみたい、話を聞いてみたいと思い、早速出演イベントに申し込んでみました!

何だか面白そうなので楽しみです。

面白そうなイベント、楽しそうな初めて経験するイベントはワクワクするので、予定が空いていれば申し込むようにしています。

本を読んで自分の興味が広がって、現実で行動していくことが楽しいです。

読みたい本が色々あって嬉しいです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。