【岐阜県岐阜市】川原町の古い町並みを散策してみた

こんにちは、最近買った『東海発!小さなひとり旅』の本に載っている旅先を全制覇したいと目論んでいるうえだあやです。

今回は、岐阜市にある川原町の古い町並みを散策してきました。

美味しいものを食べて、ぶらぶら歩いて、足湯にも浸かってのんびりした1日を過ごすことができました。

 

まずはNatural Cafe&Gallery 蔵へ


10/1(月)、家を12時すぎに出発。

とにもかくにもおなかがすいたのでお昼ごはんを食べようと思い、まずは「Natural Cafe&Gallery 蔵」に行くことにしました。

JRで岐阜駅まで行き、岐阜バスに乗って「本町1丁目」で下車。

バス停から徒歩1分、13:20頃到着しました。

 

「Natural Cafe&Gallery 蔵」は、明治28年に建てられた築100年以上の蔵を改装した、アジアンテイストカフェです。

外観からしてアジアな雰囲気が漂っていておしゃれ!

>>「Natural Cafe&Gallery 蔵」公式サイト

 


中に入って、2階席へ。

内装もアジアンテイストですごく素敵!

 


天井の木材と照明がいい!

 


ランチメニューは6種類。

どのメニューにしようか迷ってしまいます。

今回はフォーガーとアイスティー(税込1,200円)にしてみました。

 


こちらがフォーガー!

フォーガーは鶏のスープで仕立てたベトナムの麺料理です。

これはめっちゃ美味しかった。

レタスはシャキシャキ、鶏肉はかむと旨みが出てきて、スープもあっさりして出汁がきいていて、麺も美味しい。

とても食べやすくて、パクチーのいい香りがふわっとして、ボリュームたっぷりで満足でした。

 

副菜は3種類とも味の方向性が違っていて食べ飽きない。

やさしい味の煮物と、甘辛い味のと、ケチャップ味のふわふわしたの。

本当に美味しかったです。

 


食後のドリンクはアイスティー。

この前飲んだブルーオブロンドンがめっちゃ美味しかったから、アイスティーに苦手意識がなくなった!

これからは機会を見つけて、アイスティーも飲んでいきたいです。

 

川原町の古い町並み


おなかもいっぱいになって満足したあとは、5分ほど歩いて、川原町へ到着。

長良橋南詰の鵜飼観覧船のりばから西へ続く「湊町・玉井町・元浜町」の町並みは通称「川原町」といい格子戸のある古い町並みが今も残っています。

狭い間口に長い奥行きという昔ながらの日本家屋が軒を連ねるこの辺りは、昔、長良川の水運を利用した川港として栄え、多くの商店で賑わっていました。

>>川原町の古い町並み|岐阜観光コンベンション協会より

写真を撮りながらぶらぶら散策しました。

平日のため人通りもほとんどなく、ちょうどいい気候の散策日和でした。

 

お地蔵さま


庚申堂の奥で見つけたお地蔵さま。

この笑顔!

ほんと見ていて安心する!

とても幸せそうなので、見ているだけでうれしくなります。

 

長良川てしごと町家CASA


築100年以上の町家を利用したスペースで、和傘や提灯が展示してありました。

>>「長良川てしごと町家CASA」公式サイト

 


入ってすぐ左側に、和傘が並べられていました。

 


奥へ進むと、提灯が飾られていて、幻想的だった。

 


ちょうどその日は奥の庭先で和傘を天日干ししているとのことで、店員さんに案内していただいた。

どの和傘も色鮮やかできれい。

 

和傘を持たせていただいたら、想像していたより重たかった。

油のにおいがして、竹の骨組みがとても精巧で、ああ和傘って本当にすごいな、手仕事で作られているんだって実感した。

和傘に初めて触れることができて良かった。

 

店員さんから、和傘について色々教えていただくことができました。

岐阜は和傘の一番の生産地で、30代の女性職人さんもいるとのこと。

でも和傘づくりだけで生活していくのはなかなか難しく、作るのにもとても手間ひまがかかっていて、好きじゃないとなかなか続けられない仕事だと感じました。

 

パン屋さん「rustico4(ラスティコ4)」


長良川てしごと町家CASAの店員さんから、すぐ近くにちょうど今日オープンしたパン屋さんがあると教えていただき、早速行ってみました。

奥まったところにあり、お店は普通の町家という外観で、これは自分ひとりでは散策していても見つけられなかっただろう。

教えていただいて良かった!

 

店頭には美味しそうなパンやキッシュが色々と並べられていた。

今回は豆乳の緑黄色野菜キッシュ(税込702円)を買ってみました。

 


キッシュは帰宅してから、家であっためて食べました。

豆乳が使ってあって野菜もたっぷり入っているからか、これはあっさりしていて食べやすくて美味しかった!

お店や購入時のレシートにも店名が書いてなかったので検索したところ、こちらは人気のパン屋カフェの4号店「rustico4(ラスティコ4)」だそうです。

 

手湯


長良川温泉の手湯。

旅館「十八楼」の玄関脇に設置されていました。

ひんやり冷たくて気持ちよかった。

 

足湯


せっかくなら足湯にも浸かりたいと思い、長良橋を渡って、長良川観光ホテル石金の方へ。

 


長良川観光ホテル石金の敷地内にある、鵜飼船をかたどった長良川温泉の足湯。

誰でも無料で利用できます。

 


お湯はほんのり茶色くて、あたたかかった。

しばらく浸かっていると、足が少しぴりぴりして、身体全体がぽかぽかしてきました。

足湯はリラックスできて、落ち着くので好きです。

 

まとめ

今回は岐阜市にある川原町の古い町並みを散策してきました。

美味しいものも食べたし、足湯にも浸かってのんびりできて良かったです。

今度は温泉にも入りたくなってきた!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。