Kindle Paperwhite(2012/第5世代)を中古で購入、半年使ってみたらとても便利だった

こんにちは、読書が好きなうえだあやです。

今回はKindle Paperwhite(2012/第5世代)を中古で購入して、半年間使ってみた感想をお伝えしたいと思います。

紙の本と比べて、メリットとデメリット両方ありますが、とても便利で買って良かったです!

 

Kindleを購入したきっかけ

私は今まで読書といったら紙の本!派で、Kindleを買いたいと思ったことはありませんでした。

ところがある日、職場の同僚女性が休憩中にKindle Paperwhiteで本を読んでいました。

ちょっとうらやましくなって、色々触らせてもらったら急に欲しくなった!

これは便利だとようやく気づきました。

 
同僚は旦那さんが新しいKindleに買いかえたので、古いものを譲ってもらったとのこと。

数年前に発売された古いKindleといっても使い心地が良くて、これは私も買うぞー!とネットで検索して注文してしまいました。

 

私が購入したKindle


私が購入したのは、中古のKindle Paperwhite(2012/第5世代)Wi-Fi+キャンペーン情報なしモデルです。

じゃんぱら通販で、送料含め4,000円くらいで購入しました。

 

裏面にはKindleのロゴ入り。

黒だとほこりがやはり目立ちやすいです。

Kindleも種類が色々あり、ネットで検索して、どれを買うか迷いました。

自分が買うにあたって決めた条件は以下のとおり。

  • キャンペーン情報(広告)なし
  • 家で電子書籍をダウンロードするので、Wi-FiモデルでOK
  • バックライトは欲しい
  • できれば安いと嬉しい

 
ということで悩んだ末、中古のKindle Paperwhite(2012/第5世代)を購入しました!

 

実際に半年使ってみた感想

メリット

  • Kindleひとつあれば、色々な本を持ち歩くことができる
  • 購入した本の処分に困らない、本が増えても場所を取らない
  • 紙の本を新品で買うより、安く買えることが多い
  • 本が欲しいと思ったら、その場ですぐ購入して読める
  • Kindleアプリをインストールすれば、パソコンやスマホでも読んでいた途中のページから読める

 

デメリット

  • ページをめくるとき、一瞬黒く反転するため、最初は慣れなくて戸惑った
  • 紙の本みたいにパラパラとページをめくって、読みたいページを探すことができない
  • 1ページずつ読むので、紙の本みたいに見開きで読めず、一度に目に入る情報量としては少ない
  • Kindle Paperwhiteはモノクロなので、カラーでは表示できない
  • 料理本や雑誌など、写真が多かったり文章がテキスト化されてないものは、読みづらい

 
読みやすさについては、断然紙の本の方が良い!

長年読みなれているというのもあるかもしれない。

紙の本の方が断然速く読めるし、読書スピードを自分で調節しやすい。

しかし、Kindleは大量に本を購入しても場所を取らないから、とても魅力的。

軽いし、外出時に気軽に色んな本も読める。

 

まとめ

今回はKindle Paperwhite(2012/第5世代)を中古で購入して、半年間使ってみた感想をお伝えしました。

使ってみて、Kindleにもメリットとデメリットがありました。

買う前に色々とレビューは読んでみたのですが、実際に使ってみないと実感としては分からなかった。

現在、本を購入する時はKindleで配信されていたら、ほとんどKindleで購入しています。

やっぱり読みたい!と思ったその時にすぐ買って読めるのは、とても便利ですね!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。