【岡崎市美術博物館】令和元年度 収蔵品展「暮らしのうつりかわり」

岡崎市美術博物館の令和元年度 収蔵品展「暮らしのうつりかわり」を見に行ってきました。

 

岡崎市美術博物館


名鉄東岡崎駅から名鉄バスに乗り、30分ほどで到着。

 


岡崎市美術博物館は、広々とした岡崎中央総合公園内にある美術館・博物館です。

 


透明感のあるガラス張りの建物で、何かすごい特徴的!

建築家の栗生明(くりゅう あきら)氏が設計されています。

 

令和元年度 収蔵品展「暮らしのうつりかわり」


令和元年度 収蔵品展「暮らしのうつりかわり」

2020年1月25日(土)~3月22日(日)

観覧料:一般300円

働き終えた道具たちの年に一度の晴れ舞台<暮らしのうつりかわり>の季節がやってまいりました。
会場には明治、大正から昭和40年代頃までのいろいろな道具を集めました。
展示を見ながら、むかしと今の生活の違いや変化、道具に託されたむかしの人々の生活の知恵をくみ取ってください。

展覧会「暮らしのうつりかわり」 | 岡崎市美術博物館より

 


観覧料が100円引きになるコラボチケットも販売されていました。

チケット購入時に、館内のミュージアムショップ「YAGURA」お買い物券、またはレストラン「YOUR TABLE」お食事券のどちらかを選択します。

私はお食事券付きのコラボチケットを購入しました!

 


明治、大正から昭和40年代頃までの生活道具が展示されており、当時の生活に思いをはせながら、見ていて面白かったです。

 


茶の間でちゃぶ台を囲んで、家族揃っての食事。

 


二槽式洗濯機は私が小さい頃、家でも使っていたから懐かしくなりました。

私が現在使っている家電や生活道具も、いつかは「昔の暮らし」として博物館に展示される日がくるのかなと思うと、何だか感慨深いものがあります。

 

レストラン「YOUR TABLE」


「暮らしのうつりかわり」展を見終わったあとは、館内のレストラン「YOUR TABLE」へ。

 


ロゴがシンプルですごく素敵!

 


店内には木材が使用されていて、お洒落でした。

私が利用したのはカフェタイム(14:30~17:00)だったのですが、お客さんがひっきりなしに入ってきていました。

 


テラス席もあり、窓からは美術博物館の特徴的な建物を眺めることもできます。

 


カレーとパスタ、どっちを食べようか迷って、粗挽きミートソースのパスタ(979円)を注文。

 


サラダがめっちゃ美味しかった!

すりごまたっぷりガーリックがきいた感じの、濃厚でコクがあって、美味しいドレッシングでした。

野菜もシャキシャキ!

 


パスタも美味しかった~。

チーズがたっぷりかかっていて、粗挽きのお肉ごろごろなミートソースでした。

今度はランチも食べに来てみたい!

 

まとめ

今回は岡崎市美術博物館の令和元年度 収蔵品展「暮らしのうつりかわり」に行ってきました。

昔の暮らしや道具を見ることができて、面白かったです。

昔と今の生活の違いや変化を知って、現代の私の生活はとても便利でありがたいものだと感じました。

 

岡崎市美術博物館
住所:愛知県岡崎市高隆寺町字峠1
TEL: 0564-28-5000
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始、展示替え中
公式サイト / Facebook / Instagram
YOUR TABLE
住所:愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎市美術博物館内
TEL:0564-28-0141
営業時間:11:00~21:30(土・日・祝は10:00~)
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)
公式サイト / Instagram

月別アーカイブ

カテゴリー