名古屋のブックカフェ「ランプライトブックスカフェ」に行ってみた

こんにちは、うえだあやです。

私には好きなことがいくつかあるのですが、その中でも読書と食事がトップ2なくらい好きです。

今回は面白い本と美味しい食べ物との出会いを求めて、名古屋の地下鉄伏見駅近くにあるランプライトブックスカフェに行ってきました。

 

ランプライトブックスカフェとは


ランプライトブックスカフェは、伏見駅から徒歩3分のところにある24時間営業のブックカフェです。

2018年2月20日にオープンしたばかりで、ランプライトブックスホテル名古屋の1Fに併設されています。


 

「旅」と「ミステリー」を中心に約3000冊の書籍が置いてあり、フリーWiFiと電源コンセントもあります。

フードメニューは朝7時から夜10時までですが、ドリンクメニューは24時間提供されています。

 

店内の様子

こちらではレジカウンターで先にドリンク等を注文して受け取ってから、自分の席に持っていくシステムになっています。

レジ横のガラスケースには数種類のオープンサンドが入っていました。


私はアイスカフェラテ(400円)と、グラタンベリー(250円)を注文。

レジで受け取って、窓際の席に座りました。


 

アイスカフェラテは冷たくて美味しかったです。

グラタンベリーは、中にグラタンが入ってて上にベリーが載ってるお洒落な総菜パンなのかなあと一口食べてみたら、甘くてびっくりした!

中のパンは緑色で、白いクリームがぎっしりつまってました。

不思議に思ってネットで検索してみたら、これは厚切りパンの中にミックスベリーとディプロマットクリームを入れて焼いたスイーツらしく、世の中には色々なパンがあるんだなあと面白かったです。

 
各席には電源コンセントが1つずつあり、これはとても便利だと思いました。

私も家から持ってきた電源コードを差して、スマホを充電しながら本を読みました。

 
今回は平日木曜の16時〜18時まで滞在していましたが、お客さんは私の他に男性2人だけで、とても静かで居心地が良かったです。

男性は2人ともそれぞれノートパソコンで作業をしており、このカフェは作業スペースとしてすごく良いなと思いました。

しかし、座席のすぐ隣にも本棚があるので、じっくり本棚を見るには気兼ねしてしまいました。

 

まとめ

今回ランプライトブックスカフェに行ってみて、フリーWiFiと電源コンセントがあり、作業するにはすごくうってつけのカフェだと思いました。

ドリンクの値段もちょうどいいし、お腹がすいたらオープンサンドを頼んでもいいし、伏見駅から徒歩3分と近いのも便利。

こんなカフェが一宮にもほしいなあ。

 

LAMP LIGHT BOOKS CAFE(ランプライトブックスカフェ)
愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
(地下鉄東山線伏見駅10番出口より徒歩3分)
Tel: 052-231-7011
フードメニュー 朝7時から夜10時まで
ドリンクメニュー 24時間提供
フリーWiFi・電源コンセントあり

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。