名古屋のブックカフェ「Litir (リチル) COFFEE & BOOKS」に行ってみた

こんにちは、読書と食事が大好きなうえだあやです。

今回は、名古屋のブックカフェ「Litir (リチル) COFFEE & BOOKS」が2018年3月に移転リニューアルオープンしたと知って、行ってきました。

 

Litir (リチル) COFFEE & BOOKSとは

Litir (リチル)は、名古屋市「千種」駅 から南へ徒歩7分のところにあるブックカフェです。

移転前は名古屋市昭和区に店舗があったのですが、色々なイベントも開催されており、2014年に本の交換会「ブクブク交換」に参加したことがありました。

ブックカフェにて、ブクブク交換なう!

うえだあやさん(@aya0730)がシェアした投稿 –

ブクブク交換では自分のおすすめの本を持ち寄り、色々とお話をして、最後は本を交換しました。

ブクブク交換おわり!お疲れ様でした(* ´ 〜 ` )

うえだあやさん(@aya0730)がシェアした投稿 –

今日のブクブク交換でいただいた本2冊とフェアトレードチョコレート!

うえだあやさん(@aya0730)がシェアした投稿 –

今回は移転してから初めての訪問なので、わくわくしながら行ってみました。

>>Litir (リチル) COFFEE & BOOKS公式サイト

 

お店の様子


外観がお洒落。

今回は日曜の13時頃の訪問で、ちょうどランチタイムだったため、お店の前にランチメニューの看板が出ていました。

どのメニューにしようか、迷ってしまいます。

出入口前には、タイプライターやお洒落な雑貨が置いてありました。

 
中に入るとこれまたお洒落だった。

移転前の店舗内は少し狭くて本も雑多な感じに置いてあった記憶があったのですが、こじんまりとしたきれいなお洒落ブックカフェになってました。

他のお客さんは2人だけで空いていました。

好きな席へどうぞと案内されたので、今回はカウンター席へ。

メニュー表を受け取り、きのことベーコンのアーリオ・オーリオ・パスタ+りんごジュース(1050円)を注文しました。

ランチメニューは3種類から選べて大盛り無料、全てミニサラダ付き、+200円で飲み物つきにでもできて良いなと思いました。

店内の本は自由に読むことができるので、料理ができあがるまでは雑誌や本を読んでいました。


店内風景は写真撮影不可なのですが、今回料理を撮影しても大丈夫か訊いてみたところOKでした。

パスタもサラダもりんごジュースも大変美味しかったです。

Litir (リチル) は珈琲や飲み物、料理に力を入れている印象があります。

この果実入りアイスティーもすごく美味しそうなので、今度飲んでみたい。

 

まとめ

ブックカフェといっても店舗によって様々な特色があるので面白いなと思いました。

今回訪れたLitir (リチル)はひっそりと趣があって、1人で過ごしやすいと感じました。

他のブックカフェにも色々行って、自分のお気に入りブックカフェをもっと見つけてみたいです。

Litir (リチル) COFFEE & BOOKS
愛知県名古屋市千種区今池2丁目14−15−1F
(地下鉄東山線・JR中央線千種駅から南へ徒歩7分、地下鉄の場合は4番出口から)
営業時間 11時~21時(日曜のみ11時~19時)
定休日 火曜(ランチ営業を行う場合あり)
座席数 16席・すべて1~2名用・禁煙
● 中学生未満のお子様連れの入店はご遠慮いただいております。
● 店内風景の写真撮影はお控えください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。