「第47回名古屋芸術大学卒業・修了制作展」

今回訪れたのは、愛知県北名古屋市にある名古屋芸術大学。「第47回名古屋芸術大学卒業・修了制作展」を見に行ってきました。

 

「第47回名古屋芸術大学卒業・修了制作展」概要

第47回名古屋芸術大学 卒業制作展
第24回名古屋芸術大学大学院 修了制作展

2020年2月21日(金)~3月1日(日)
【平日】10:00~17:00
【土日祝】10:00~18:00

名古屋芸術大学 西キャンパス
(愛知県北名古屋市徳重西沼65番地)

公式サイト / Instagram / Twitter

 

徳重・名古屋芸大駅からのアクセス

会場の名古屋芸術大学西キャンパスは、名鉄犬山線 徳重・名古屋芸大駅より徒歩13分。

卒展期間中、土日祝日は徳重・名古屋芸大駅~名古屋芸術大学西キャンパス間にて、無料シャトルバスが運行しています。

 


駅からシャトルバスの乗降場所までは、案内看板があり、分かりやすかったです。

 


乗降場所は、駅から徒歩3分ほど。

 


2/22(土)、23(日)、24(月・祝)、29(土)、3/1(日)のみ運行しています。

▼シャトルバス時刻表はこちら
名古屋芸術大学卒業・修了制作展 ACCESS
 

卒業・修了制作展の様子


シャトルバスから降りると、案内看板が目に留まり、まずは総合受付へ立ち寄ることにしました。

 


こちらが総合受付です。

 


会場マップ&目録と、キャンバス地のトートバッグをいただきました!

トートバッグは毎日先着100名限定となっています。

 


西キャンパス全体の各建物内に展示室があり、早速マップを手に歩いて見て回りました。

展示されている作品は本当に多種多様で、見ていて面白かったです。

その中でも、特に印象的だった作品を7つ紹介します。

 

IMPARTIAL INDUSTRIES


アートクリエイターコース(コミュニケーションアート)山下公平さんの作品。

 


何と木製フレームのロードバイク!

私も最近ロードバイクに乗り始めたばかりなのですが、木製フレームは初めて見たのでびっくりしました。

 


4mm厚のシナ材を積層させて作られたフレーム。

どんな乗り心地なのか、試乗してみたくなった!

 

コトノハ


アートクリエイターコース(コミュニケーションアート)川崎智絵さんの現代短歌。

ひとつひとつの言葉が、どれも素敵だなと思った。

 


「珈琲の苦味も慣れた 初めてはあなたがくれた カフェラテだっけ」

特にこの言葉がすごく心に残りました。

 

沖島365


ライフスタイルデザイン研究(アート&デザインセンター)横山理紗さんによる、沖島のフィールドワークリサーチ。

沖島は滋賀県の琵琶湖に浮かぶ、人口230人ほどの小さな離島です。

そのなかで、沖島との新たな関わりを考えるためとして、異なる興味やバックグラウンドを持つ人々との対談が掲示されていました。

 


こちらの図書館司書の方との対談を読んでいて、「本を通して人と人との交流の場づくり」ができたらという言葉が印象的でした。

本ってひとりで読めるし、わざわざ人と交流するための手段にする必要もない。

でも本を介して、人とのコミュニケーションが生まれる場というのは、面白いと思う!

 

醜禅幻羅葬


テキスタイルデザインコース永田英未莉さんの作品。

派手な色彩の生前葬で、すごく目を引いた。

 


自分で自分を供養する、区切りとしての生前葬。

 

地球だよ!はぐれ星人集合!


テキスタイルデザインコース深谷菜津美さんの作品。

可愛いぬいぐるみがいっぱいだ!と最初は思いながら見てた。

 


ところがただの可愛いぬいぐるみたちではなくて、この世界観には色々なメッセージが込められていて、何かもう最後には泣きそうになった。

色んな友達がいて、みんな違って面白い。

それぞれの違いを楽しんで、補い合って生きていこう。

そんな作品でした。

 

Bungu Beats


メディアデザインコース柄澤陸人さんの作品。

これは面白かった!

文房具から出る音を使用して制作したアニメーションMV。

ホッチキスやカッターをカチカチする音、消しゴムがトントンと落ちる音、リズミカルな映像と音にとても見入ってしまいました。

 

フツ恋。

メディアデザインコース平手風香さんの作品。

撮影不可だったので、写真はないのですが、すごく面白かった!

自分と違うセクシュアリティを持つ人物たちと、どのように関係を築いていくかを目的とした人間関係シミュレーションゲーム。

パソコンでプレイできるようになっており、最後までプレイしてみたけど、ノーマルENDで終わってしまった。

 

このゲームには、多様なセクシュアリティとジェンダーの人物が登場していました。

一緒に展示されていたインタビュー冊子も読みながら、フツウの恋っていったい何だろうと考えた。

ゲームがすごく気になるので、どこかでダウンロード販売してほしい!

 

学生食堂でランチ


おなかがすいたので、学食でランチを食べることにしました!

 


日替りメニューの鶏肉のネギソース&コーンコロッケ定食(440円)にしました。

券売機で食券を購入して、カウンターで注文します。

 


安いのにボリュームたっぷりだった!

学食で食べるのは、何だか新鮮で面白くて、学生気分を味わえて好きです。

 

卒展カフェでひとやすみ


卒展カフェにも立ち寄ってみました。

 


美味しそうな焼き菓子がいっぱい!

 


ホットジンジャー(200円)とアップルクランブルタルト(400円)を注文。

温まって美味しかった~。

 

スタンプラリーコンプリート!


スタンプラリーも開催されており、会場内計15カ所にスタンプが設置されていました。

 


せっかくなので、全部コンプリートした!

12カ所以上のスタンプを押して、総合受付に持って行くと、参加賞の缶バッジをプレゼント。

スタンプを押しながら会場全体を回ることができて、面白かったです。

 

まとめ

今回は「第47回名古屋芸術大学卒業・修了制作展」に行ってきました。

本当に多種多様な作品を見ることができて、充実した時間を過ごすことができました。

私が作品を見に行くこと自体が、その作品を作った学生の方たちを応援することに繋がると知った。

普段の生活では関わることのない世界に少し触れて、知って、言葉を交わして、また新しい世界を知って、興味が広がりました。

 

「令和元年度 愛知県立芸術大学卒業・修了制作展」

カテゴリー

月別アーカイブ