【MORI NO PICNIC】「カレイドフレーム」ワークショップのお手伝いをしました!

愛知県稲沢市の国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザで、後藤愛菜さん主催「MORI NO PICNIC」ワークショップのお手伝いをしてきました!

大人から子どもまで、楽しそうにカレイドフレームを作っている姿を見ることができて、私も嬉しかったです。

 

ワークショップ概要

◆日 時:
2019年11月17日(日)
①11:00~ ②13:30~

◆場 所:
国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ ピクニック広場
愛知県稲沢市祖父江町祖父江

◆参加費:
500円

◆メニュー:
カレイドフレーム

詳しくはこちら▼
MORI NO PICNIC(@morinopicnic) • Instagram

今回のメニューはカレイドフレーム!

丸い枠にチュールを挟んで、花や木の実をグルーガンで貼りつけて作ります。

 

会場準備


当日朝7時半に後藤愛菜さんと一宮駅で待ち合わせをして、愛菜さんが運転する車で国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザへ。

公園のピクニック広場で他のお手伝いの方々と合流して、一緒に会場準備を行いました。

 


準備が終わって、会場はこんな感じ!

 


この「MORI NO PICNIC」の世界観がすごく可愛いなと、毎回お手伝いするたびに思います。

 


このシロクマのぬいぐるみたちが、特にめっちゃ可愛い。

 


風船のなかに、金色のキラキラした星が入っていて、可愛い。

 


ティピーとシャボン玉!

 


古本販売もあります。

可愛いものは視界に入っているだけで、嬉しくなるというかときめきます。

 

ワークショップの様子

ワークショップは午前11:00~と、午後13:30~の二部制で行われました。

 


まずは受付で参加者の方のお名前を伺って、参加費を受け取って、ワークショップの説明をします。

 


丸い枠やチュール等の材料をひとつずつお渡しして、テーブルへとご案内しました。

 


ワークショップは大人から子どもまで、たくさんの方が参加してくださいました。

 


テーブルの上には、花や木の実がいっぱい用意してあります。

 


みんな好きな飾りを選んで楽しそうにグルーガンでくっつけていた。

 


お花いっぱいで可愛い!

 


あきみつけコースも開催しました。

 


自分たちでカレイドフレームにくっつける落ち葉や木の実を拾いに行って、こんなの拾ったよ~って嬉しそうに見せてくれて、子どもは何でも楽しんで遊びにすることができる天才だと思った。

 


ワークショップが終わったあとは、愛菜さんが子どもたちに絵本の読み聞かせを行いました。

 


次回、12月のワークショップはしめなわ!

しめなわ作りのワークショップもお手伝いする予定です。

 

感想

今回で「MORI NO PICNIC」ワークショップのお手伝いは3回目!

職場の同僚である後藤愛菜さんにお誘いいただき、時々お手伝いしています。

関連記事:【MORI NO PICNIC】「ウッドビーズブレスレット」ワークショップのお手伝いをしました!
関連記事:【馬飼ビーチフェスティバル2019 ①】「MORI NO PICNIC」ワークショップのお手伝いをしました

 

子どもは感情表現が豊かで、遊びを全力で楽しんでいて、すごいなと思う。

私も仕事で時々子どもと接したり、子ども向けイベントを担当する機会があります。

でも仕事中、子どもと接していると顔がこわばってしまったり、子どもにどう接したらいいかよく分からなくなったりする。

それは他の同僚たちに見抜かれてしまっていて、何とかできたらいいなと思いつつ、何ともなっていない状態です。

 

こうしてワークショップのお手伝いに参加して、自分でも人が集う会を主催してみたいと思うようにもなった。

人が集まる場とか、暮らしの中の小さなコミュニティに、最近興味が出てきました。

先日ビブリオバトルを主催することもできたし、やはり人と接触することで刺激を受けて、自分の行動へと繋げていくことは面白いです。

 

まとめ

今回は後藤愛菜さん主催「MORI NO PICNIC」ワークショップのお手伝いをしてきました!

好きな飾りを選んで、カレイドフレームをみんな楽しそうに一生懸命作っていました。

人の笑顔を見ると嬉しくなります。