【See Saw gallery + hibit】小栗沙弥子「地面を壁を歩く」

今回訪れたのは、愛知県名古屋市瑞穂区にあるSee Saw gallery + hibit。小栗沙弥子「地面を壁を歩く」を見に行ってきました。

 

See Saw gallery + hibit


See Saw gallery + hibit(シーソー ギャラリー プラス ヒビト)は、愛知県名古屋市瑞穂区の閑静な住宅街に佇むギャラリーです。

展示期間中は、ギャラリーでカフェも営業されています。

 


シンプルなお店のロゴが素敵。

 


お庭には緑があふれていました。

 


桜がもうぶわっと咲き始めていて、ピンク色のつぼみが可愛かったです。

 


今回は小栗沙弥子さんの「地面を壁を歩く」開催に合わせて行ってきました。

 

小栗沙弥子「地面を壁を歩く」


小栗沙弥子「地面を壁を歩く」

2020年3月14日(土)~4月25日(土)

Sayako Oguri
2004 愛知県立芸術大学美術学部油画専攻研究生 修了
2013 ポーラ美術新興財団 在外研修員としてタイに滞在(−2014)
2019 Paulo Reis Residency―Ateliê Fidalga レジデンスアーティストとしてブラジルに滞在

小栗沙弥子|地面を壁を歩く − See Saw gallery + hibitより

 


作品はカフェスペース・ギャラリースペース・建物の外にある小部屋と、3か所の部屋に展示されていました。

すごく目立っているわけではなく、ごく自然に部屋になじんでいたのが、とても印象的でした。

 


壁なのに、窓が存在しているみたいで面白かった。

 


日常の不要なものを、作品として組み立てているのがすごい。

 


こちらは建物の外にある小部屋。

作品を見ながら、「地面を壁を歩く」ってどういう意味だろうと考えていた。

壁を歩くというのが想像しづらい。

 

でも、私たち人間以外の生き物、例えば虫は地面も壁もごく当たり前に歩いている。

壁を歩くということは、作品の上を踏みつけて歩くということでもある。

不思議な意味の言葉だと思いました。

 

ハニージンジャーティーとケーキ


カフェではハニージンジャーティーとケーキセット(650円)を注文しました。

窓際の席。

お庭を見渡すことができて、特等席でした。

 


ハニージンジャーティー、甘いはちみつとぴりっとした生姜の味が、すごく美味しかったです。

はちみつのふわっと広がる香りと幸せな甘さが、もう大好き!

 


ケーキは日によって変わり、本日はバニラシフォンケーキでした。

添えられていたいちごのコンポート、甘酸っぱくて美味しかった~。

赤くてつやつやないちごが可愛すぎる!

 

まとめ

今回はSee Saw gallery + hibitの小栗沙弥子「地面を壁を歩く」に行ってきました。

しっとりと落ち着いた雰囲気のギャラリーで、カフェも併設されていて、良かったです。

ハニージンジャーティーとバニラシフォンケーキも美味しかった!

 

See Saw gallery + hibit
住所:愛知県名古屋市瑞穂区密柑山町2-29
TEL:052-833-5831
営業時間:水・木曜12:00~17:00、金・土曜12:00~19:00
定休日:日・月・火曜
webサイト / Facebook

カテゴリー

月別アーカイブ