【書評】桑田ミサオ/著『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』感想

こんにちは、上田紋です。

今回は『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』を読み終わった感想です。

年5万個も笹餅をひとりで作られている、90歳の桑田ミサオさん。

私も「ミサオおばあちゃんの笹餅」を食べてみたくなりました。

 

『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』概要


『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』
■著者:桑田ミサオ
■出版社:小学館
■頁:160頁
■定価:本体1,400円+税
■発売日:2018/01/17
桑田ミサオさんは、青森県五所川原市金木町で、笹餅を作られている女性です。

定年後60歳から笹餅作りを始め、農協の直売所で販売を開始。

笹餅の評判がとても良く、75歳のときに地元のスーパーマーケットから販売したいと声がかかり、起業されました。

個人事業主として登録され、加工所も造り、ひとりで年5万個もの笹餅を作られています。

自分で笹も採り、お米を粉にし、小豆を栽培してこしあんを作り、何から何まで手仕事で作られているところが本当にすごい!

 

本書を読んだきっかけ

先日、岐阜県各務原市のカフェ「鵜沼茶坊 葉豆」に行って、見つけたのがきっかけです。

関連記事:【岐阜県各務原市】カフェ「鵜沼茶坊 葉豆」で台湾茶とモーニング!

鵜沼茶坊 葉豆には「ご自由にお持ち帰りください」と、店内の一角に本が並べられており、その中でいちばん気になったのが今回の本です。

表紙の笑顔がすごく素敵で惹かれました。

 

感想

ミサオさんの周りには、たくさんの人が集っている。

たくさんの人がミサオさんを助けてくださっている。

それは、ミサオさんが笹餅作りを通して故郷に尽くし、周りの人たちに尽くしているから。

だからミサオさんはたくさんの人たちに好かれているし、とても慕われていると感じた。

 

90歳になっても人から社会から必要とされ、役立てることが私には果たしてできるだろうか。

私もそんな人になりたい。

今できることをひたすら頑張ってみる。

自分の仕事を一生懸命頑張ってみる。

最近仕事は楽しいことが大切だと感じるようになった。

仕事において、人と人との繋がりに楽しさがあれば、仕事も楽しくなる気がする。

仕事を通じて人と繋がって、何か楽しく仕事ができればいいなと思う。

ミサオさんの仕事は、まさしくそうだ。

 

そしてミサオさんは、笹餅の作り方を完全に公開しているのがすごい。

笹餅作りも頼まれればどなたにでも教えられている。

笹餅の作り方はお母さんから学んで、自分なりに研究して、販売を始められた。

そしてたくさんの人に求められ、笹餅を売ったり作り方を人に教えて、様々な形で人との交流に繋がっていって、故郷に尽くされている。

人と人との交流って大事だなと思った。

 

ミサオさんはとにかく人のためという感じで、あまり稼ぐことをを考えてない。

利益も人のために循環させている。

さらに喜ぶ人のために。

75歳で起業したのも、人に求められたからだ。

私も人の役に立てる存在になりたい。

 

まとめ

今回は桑田ミサオさんの『おかげさまで、注文の多い笹餅屋です』を読み終わった感想でした。

私もミサオさんみたいに、ひとつのことを一生懸命続けてみたい。

「何事も10年続ければ、それなりの結果が出ます」って言葉に、私も何かひとつ、10年続けて打ち込めるような、夢中になれるものを見つけたいと思いました。

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県一宮市在住。契約社員として働いています。1985年7月30日生まれの33歳。 食べることが大好き!本を読んだり、旅行をしたり、色々な体験をすることが好きです。