【書評】堀江貴文, 落合陽一/著『10年後の仕事図鑑』を読んだ感想

こんにちは、上田紋です。

本当にここ最近一気に寒くなってきましたね。

数日前からダウンコートを着ているのですが、やはりダウンはもっこもこであったかいです。

 

さて今回は、堀江貴文さんと落合陽一さんによる『10年後の仕事図鑑』を読み終わったので、感想を書いていきます。

 

『10年後の仕事図鑑』

 

自分次第で、未来は幸福にも絶望にもなる

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ
AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。

●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析
AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。

●希望か絶望か!? すべて自分次第で決められる
今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。
>>SBクリエイティブより

今回も完全に著者買いです。

といっても、堀江さんの本は今までに何冊か読んできたので、まあ今回はいいかと思い他の著者の本ばかり読んでました。

ところが書店でずっと平積みされていて、書店に行くたび目に入るし気になるしで、ついつい手に取って中を見てしまい、やっぱり面白そうだったので購入しました。

落合さんの本は今まで読んだことがなかったので、どんな方なのかわくわくしながら読むことができました。

 

感想

タイトルは10年後の仕事図鑑と銘打ってはいるが、本書を読んでみて、そもそも未来を不安に感じて10年後の仕事がどうなっているか考えること自体、あまり意味がないと訴えている気がした。

大切なのはとにかく今で、今を必死に生きる。

そもそもみんな未来のことを考えすぎる。僕は未来のことなんて考える暇もない。1年後だってわからない。今がすべてなのだ。

本書を最後まで読んでくれた皆さんに、僕からメッセージを送る。
「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

上記は本書の最後に書かれていた堀江さんの言葉だ。

この言葉に本書のすべてが集約されているような気がした。

不安がっている暇があるなら、今を必死に生きろ。

未来なんて分からない。

10年後の、そもそも1年後だってどうなってるか分からない。

未来のことなんて考える暇があるなら、まず今を一生懸命生きることが大事だと思った。

 

だからこそ、まずは昨日の自分と今日の自分を差別化することからはじめてみよう。
大事なのは、「すぐに行動に移せるかどうか」だ。

私も昨日の自分から、毎日一歩ずつでも成長していきたい。

今は何でもすぐに行動に移せているかというと、移せていない。

でもやっぱりせっかくならすぐ行動できる人になりたい!

それでもって明日の自分はまた今日より一歩成長してて、さらに自分のことを好きになって認めて大事に感じられるような!

 

これからは、情報を仕入れたら、自分の頭で思考する癖をつけていかなければいけない。

ツイッターやフェイスブック、ユーチューブ、ブログ……なんでもいい。そこで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことだ。たったそれだけのことで、情報を有機的につなげることができ、自分の思考をたくましく鍛えていける。

私も自分の頭で思考する癖をつけていきたいです。

ということで、これからはブログを毎日書いていきます。

とりあえず内容は自分の好きなことを適当に、まずは「毎日発信する」という目標を達成したいと思います。

 

まとめ

今回は『10年後の仕事図鑑』を読んでみて、とにかくまずは「今」一生懸命頑張って生きることが大切だと思いました。

私は今働いている仕事が好きなので、もっと仕事ができるように、役に立てるように頑張りたいです。

私の仕事は好きなものに毎日触れて関わることができるのもうれしい。