パラキャリ準備室×しごとバー名古屋「公務員のパラキャリナイト」に参加してみた

こんにちは、最近パラレルキャリアや兼業に興味津々なうえだあやです。

パラレルキャリアについてもっと知りたいと思い、7/11(水)パラキャリ準備室×しごとバー名古屋コラボイベント#3「公務員のパラキャリナイト」に参加してきました。

>>パラレルキャリアとは、本業を持ちながら第二の活動をすることです。

詳しくはこちらをどうぞ!

パラレルキャリアの意味とは?メリットや副業との違い、始め方とは | BizHint(ビズヒント)

 

「公務員のパラキャリナイト」とは

パラレルキャリア、兼業
といったワードに興味のある方。

パラレルキャリアに関心あるけど、どう踏み出したらいいかわからない・・・
本業とは別で挑戦したいことがあるけど・・・と、迷っていませんか?

兼業元年の今年、しごとバー名古屋では、
「パラキャリ準備室」とのコラボシリーズとして、
あなたのパラレルキャリア挑戦のヒントになるゲストをお呼びします。
多様な働き方を実践する先輩の話をヒントにまずは一歩、前進してみましょう。

>>大ナゴヤ大学 はたらく課より

「パラレルキャリアに関心あるけど、どう踏み出したらいいかわからない・・・」なんてまさに私にぴったりだと思ったので、申し込んでみました!

今回のゲストは、愛知県内で働く公務員のお二人。

晝田 浩一郎(ひるた こういちろう)さんと金森 隆(かなもり りゅう)さん。

お二人とも公務員として働きながら、日々の職務とは別軸で、まちを変える新たなプロジェクトを自分の手で立ち上げ、実践されています。

すごい!

私もお二人みたいに、本業の他に第二の活動にも挑戦してみたいと思いました。

 

7/11(水)当日の様子


夜18:30、会場の喫茶アミーゴに到着。

受付で参加費1000円を払い、ワンドリンク付きだったのでオレンジジュースをいただきました。

参加者は30人程で、会場内はぎっしり盛況でした。


 

 
今回は19:00~20:00まで、晝田さんと金森さんがそれぞれ30分ずつ講演。


晝田 浩一郎(ひるた こういちろう)さん

岡崎市役所に勤務しつつ、2016年から業務外有志団体「ここdeやるZone」(略称:ここやる)を立ち上げ。
2017年12月には、Code for Aichiを立ち上げて”シビックテック”を広める活動を開始。
【人と人、人と地域をつなげる活動】をとおして仕事でも、プライベートでも地域活性化に取り組んでいる。
出身地の三重県志摩市の活性化にも携わり、志摩市の魅力を伝えるブログ「shimazine」のライターや三十路式実行委員会2018の総合プロデュースを務めた。
2017年ForbesJAPAN「日本を元気にする88人」に選出。
「地方公務員が、本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017」を受賞。

>>大ナゴヤ大学 はたらく課より

 

金森 隆(かなもり りゅう)さん

2009年、岩倉市役所入庁。
商工農政課で、商工振興・観光振興の業務を7年半担当。
現在は市民窓口課にて住民記録・戸籍の業務を担当中。
商工農政課所属中に長野県塩尻市役所の山田 崇さんと出会う。
『nanoda(なのだ)』の活動に感銘を受け、仲間2人とプライベートで空き家を1軒借り『tebayo(てばよ)』を立ち上げた。
tebayoを『誰もがやりたいことにチャレンジできる拠点』、また、『人と人、人と地域を繋げる拠点』として、さまざまな活動を行っている。
好きな言葉は、高校時代の恩師から教えてもらった『意識する 意識をすれば行動が変わる 行動が変われば結果が変わる』
>>大ナゴヤ大学 はたらく課より

そのあとは交流会に入り、お二人から話を聞いたり、それぞれ参加者同士で話をして盛り上がったりしていました。

 

感想

お二人の話を聞いて、現在は本当に働き方が多様化しているし、自分で働き方を選べるんだと思いました。

会社を退職してフリーランスとして働いてもいいし、会社で働きながら副業を持ってもいい。

さらには本業の他に2つ、3つと様々な仕事をすることもできる。

私も社会人として10年働いて、今までは会社で働くことが当たり前だと思っていました。

でも最近働き方についての本を読んだり講演会に参加したりして、世の中には私の知らない多様な働き方があるし、それを選べる時代にもうなっていると思いました。

自分が考えて行動していけば、現在の自分の働き方を変えていける。

自分はこれからどのように働きたいのか、どんな仕事をしたいのか、自分の好きなこと・強み・才能・能力・魅力について考えていきたいです。

 

まとめ

今回、パラキャリ準備室×しごとバー名古屋「公務員のパラキャリナイト」に参加して、自分の働き方について見つめなおす良い機会になりました。

また、世の中には色々な働き方が存在する、実際に本業+第二の働き方を得て生きている人たちがいると知ることができて良かったです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。