【書評】箕輪厚介/著『死ぬこと以外かすり傷』を読んだ感想

こんにちは、上田紋です。

今回は箕輪厚介さんの『死ぬこと以外かすり傷』を読み終わったので感想を書きます。

 

『死ぬこと以外かすり傷』


NewsPicks Book編集長 箕輪厚介の初の著書。
ベストセラー連発! わずか1年で100万部突破!
天才編集者の革命的仕事術がここに明かされる!

堀江貴文『多動力』、落合陽一『日本再興戦略』、
佐藤航陽『お金2.0』、前田裕二『人生の勝算』など、
最前線で戦う起業家の著書を次々に
ベストセラーにしてきたその「剛腕」の秘密。

幻冬舎に身を置きながらも
月給の20倍もの収益を副業で稼ぎだす方法。

オンラインサロン「箕輪編集室」を主宰し
1300名を集め、さまざまなイベントや
プロモーションで「熱狂」を生み出していく手法。

本書では新時代の哲学を体現する箕輪氏の「働き方」を、
32の項目として立てて紹介する。
>>マガジンハウスより

今回、これはもう完全に著者買いです。

あのオンラインサロン「箕輪編集室」の箕輪さんが本を出されると知って、気になってました。

実際に書店で本を目にして、タイトルにすごく惹かれて、中身をパラパラ見てみたら面白そうで、でも買おうかどうか迷ってしまっていた。

そしたらいつの間にか帯には「7万部突破!」と書かれているし、日が経ってもやっぱり読みたい気持ちは収まらなかったから購入しました。

 

感想

本書を読んで特に印象深かったのは、「行動」について。

本書全体を通して、箕輪さんのとにかく行動せよという思いが伝わってきた。

本書のあらゆる箇所で、行動についての記述が散見される。

ごちゃごちゃ考える前に、動け。

時間は有限だ。人はすぐ死ぬ。だから「今やれ」。「昨日までできなかったこと」をやる。

大事なことは、行動するかどうかだ。それだけが道を分ける。

行動しないと何も始まらないし、行動からすべては始まっていく。

何でもとにかく興味を持ったらうだうだしてる前に行動することが大事だと思った。

時間には限りがある。

迷ったり考えたりする前に行動して、試行錯誤を繰り返して前に進んでいこう。

 

ということで、前から気になってたことをひとつ行動してみました。

私はここ数ヶ月、月1回くらいお酒を飲むようになり、今度はバーでお酒を飲んでみたいと思ってました。

早速ネットで検索して、雰囲気良さそうな名古屋のバーを予約してみました!

食事ではなく、バーでお酒を楽しむなんて初めてなので、ちょっとどきどきしますがわくわくします。

 

まとめ

今回は箕輪厚介さんの『死ぬこと以外かすり傷』を読んでみて、私にとってはまたひとつ行動するきっかけを得ることができました。

箕輪さんの行動力と仕事への情熱は半端なくすごい。

私もとにかく小さなことでもいいからひとつずつ、すぐ行動するように心がけていきたいです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼