カメラに興味なかった私がデジカメを買った理由。

こんにちは、上田紋です。

今日は私が今使っているデジカメ「SONY DSC-RX100」を買って半年が経ち、せっかくなので買った理由を書いていきます。

 

私がデジカメを買ったいちばんの理由は、ブログだ。

ブログを始めた当初は、スマホで写真を撮ってブログに載せていた。

しかしもっときれいな写真が撮れたらいいなと思い、初めてデジカメを買ってみることにした。

 

私はこのブログを始める少し前、トイカメラマン雨樹一期さんのフィルムカメラ講座に参加したことがある。

その頃、私はトイカメラで撮った個性的でノスタルジックな写真を見て、素敵だなと心を奪われていた。

自分でもこんな写真を撮ってみたいと思ったのだ。

私が参加したのはクロスプロセス現像の講座。

フィルムにはモノクロとネガとリバーサルがあります。
それぞれ現像の行程が違います。
当然ですが、ネガフィルムはネガ現像、リバーサルフィルムはリバーサル現像をします。
それを間違えるといわゆる誤現像になります。
クロスプロセス現像とはその行程をわざと変えた処理方法のことです。
現実離れしたド派手な色彩になります。
>>雨樹一期さん公式サイトより

雨樹さんからフィルムカメラ「LOMO LC-A」をお借りして、名古屋の街中を歩きながら写真を撮った。

 

 

とても味がある写真を撮ることができた。

しかしその時の経験で、フィルムカメラには良さがあるけど、あまりブログには向かないと思った。

●現像に出す必要があるので、撮ってすぐブログに載せることができない。
●フィルム代・現像代でお金がかかる。

ということで、フィルムカメラは諦めてデジカメを買おうと決意した。

デジカメといっても種類が豊富でどれを買おうか非常に迷った。

とりあえず「ブログ デジカメ おすすめ」といったワードで検索すると、SONY RX100シリーズの評判がすごく良かった。

もうこれにしよう!と思い、その中でも一番安い初代「SONY DSC-RX100」を購入することにしました。

2012年に発売した初代が未だに流通してるとは、よほど人気が高いのだろうと思った。

 

しかし「SONY DSC-RX100」を買ってから半年以上経つのに、未だに使いこなせていない。

初めて買ったデジカメなのだが、こんなに色々な機能があるとは驚いた。

スマホと比べると、バッグの中でかさばるし重さもあるけど、でも写真を撮るのが楽しくなった。

出かける時はいつも持ち歩いている。

今ではこのブログを更新するのに、なくてはならない大切な存在になりました。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼