【Style Factory】DIYワークショップで、タイルコースターを作ってみた

こんにちは、上田紋です。

今日はStyle Factory ららぽーと名古屋みなとアクルス店のDIYワークショップで、タイルコースターを作ってきました。

先日Style Factoryでカッティングボードバスケットを作ってみたら楽しかったので、また参加してきました!

【Style Factory】DIYワークショップで、カッティングボードバスケットを作ってみた

2018年12月19日

 

ららぽーと名古屋みなとアクルスへ

今回、実はStyle Factory テラッセ納屋橋店の方でワークショップが行われると勘違いしてしまいました。

そのため名古屋駅から歩いて15分のところにあるテラッセ納屋橋の方へ行ってしまい、店頭に貼ってある予定表を見て間違えた!と気づき、慌ててGoogle Mapで経路を調べ直しました。

ちょうどすぐ近くのバス停「納屋橋」から、「港区役所」行の名鉄バスが通っていたため、これは助かったと12:11発のバスに乗りました。

 


バスに乗って35分ほどで到着。

ららぽーとの中に入ると、お客さんがいっぱいで賑わっていました。

 


Style Factoryの店内に入り、まずはレジで受付を済ませます。

ちょうど受付してくださった女性が、先日DIYを担当してくださったスタッフの方で、私の顔を見て覚えててくださって嬉しかった!

受付でカインズアプリを見せて500円を支払い、DIYコーナーへ行きました。

 

タイルコースター作り

今回参加したタイルコースター作りは、予約不要・お手頃価格の体験型ワークショップで、11時~17時の好きな時間に来店して参加することができます。

 


今回も参加者は私ひとりだったため、スタッフの方がつきっきりで教えてくださいました。

 


まずは木の板で、コースターの土台を作っていきます。

 


細い木の棒に木工用ボンドをつけて、板の端に4本ともくっつけます。

 


ボンドを乾かしている間に、貼り付けるタイルを選びました。

タイルは4×4=16個貼るので、どの色のタイルをどの位置に貼ろうか、なかなか悩む!

 


タイルの色を決めたあとは、ペンキを塗っていきます。

ペンキは3種類あり、濃い茶色が素敵に思えたので、ウォルナットを選びました!

 

薄手のポリエチレン手袋をはめて、はけでペンキをコースターの土台に塗っていきます。

ペンキを塗るのは初めてなので、どきどきしました。

 


塗ったあとは、キッチンペーパーで余分なペンキを拭います。

いい感じに塗れたので良かった~。

 


そしていよいよタイル貼り!

タイルの裏面にはさみで切った両面テープを貼り、コースターの土台に貼り付けていきます。

 


まず四隅から貼っていくといいと教えていただいたので、四隅を貼って、端、真ん中と貼ってみました。

これにて完成!

40分ほどで作り終わりました。

 


写真も撮っていただきました!

家に帰ったら早速紅茶を飲むときに使ってみようと思い、ららぽーと1Fのドーナツ専門店「JACK IN THE DONUTS」で、絶品焦がしりんごのチーズブリュレドーナツ(230円)を購入。

帰りは地下鉄とJRで帰宅しました。

 

早速タイルコースターを使ってみる


こちらができあがったタイルコースターです。

かわいくできてうれしい~。

タイルとタイルの間にちょっと隙間があいちゃったけど、まあこれも味わいですね!

鍋敷きとしても使えそう。

自分で作ったものは愛着が湧いて、大事にしたくなります。

 


買ってきたドーナツと一緒に、早速紅茶をいれて飲んでみました!

何だか一気におしゃれな感じになった気がする。

 

まとめ

今回はStyle Factory ららぽーと名古屋みなとアクルス店で、タイルコースターを作りました。

Style FactoryのDIYワークショップ、今回で参加するのは2回目だけど、結構面白くてハマりそうです。

また次回のワークショップも申し込みました!

料金は安いし、今まで自分が挑戦したことのない分野だから、初めて知ることや体験することばかりで面白い。

 

Style Factory ららぽーと名古屋みなとアクルス店
住所 愛知県名古屋市港区港明2丁目3番2号
ららぽーと名古屋みなとアクルス1階
TEL 052-652-3600
営業時間 10:00~21:00
>>DIYワークショップ詳細はこちら