【織部亭】35周年記念企画 わたしの一点「つながる原風景」Ⅰ期

織部亭の35周年記念企画 わたしの一点「つながる原風景」Ⅰ期を見に行ってきました。

 

織部亭


織部亭は、愛知県一宮市にあるギャラリー併設のレストランです。

 


ロゴがシンプルですごく素敵!

 


一見お店とは分からないような、ひっそりとした雰囲気が漂っていました。

 

一宮駅からのアクセス


尾張一宮駅前5番のりばより、名鉄バス九日市場行に乗車。

 


「平島南」停留所で下車し、織部亭までは徒歩7分ほどです。

バスは片道15分(340円)、1時間に1本の運行となります。

 

織部亭35周年記念企画 わたしの一点「つながる原風景」Ⅰ期


織部亭35周年記念企画 わたしの一点「つながる原風景」Ⅰ期

2020年2月29日(土)~3月22日(日)

 


27名の作家さんによる、それぞれの一点が展示されていました。

 


コンクリート打ちっぱなしの部屋、天井には赤い糸が幾重にも張られていた。

 


私がいちばん心に残った作品はこちら、近藤萌さんの「二律背反」です。

 


黒い人型のなかに、どんぐりの蓋みたいな何かがぎっしり詰まっていた。

まるで身体の中身があふれ出ているみたいで、少し怖かったです。

 

周りにはドライフラワーが飾られていて、近づくと、薔薇のようなとてもいい香りがした。

奇妙で怖いけど、きれいで美しくて惹かれてしまう、そんな作品でした。

 

織部膳


ギャラリーの隣の部屋が、レストランになっています。

平日の13時過ぎ、ちょうどランチタイムで賑わっていました。

 


こちらの部屋にも作品が展示されており、眺めながら食事をいただくことができます。

大きな花瓶に飾られたミモザが可愛かった!

 


天井には、鮮やかな赤色の布が張ってありました。

 


ランチは織部膳(1,350円)を注文しました。

美味しかったー!

にんじんの炊き込みご飯は柔らかくて、茶わん蒸しまでついてるし、もう和食大好き。

 


デザートはアイス!

ゼリーとババロアの上にアイスがのっていて、ラズベリーのピューレが甘酸っぱくて美味しかった。

ドリンクはコーヒー・紅茶・ジュースから選ぶことができます。

 

まとめ

今回は織部亭35周年記念企画 わたしの一点「つながる原風景」Ⅰ期を見に行ってきました。

素敵な作品を見て、美味しいご飯を食べた!

わたしの一点は、Ⅱ期も2020年5月9日(土)~5月31日(日)に開催予定のため、楽しみです。

 

織部亭
住所:愛知県一宮市島崎1-11-19
TEL:0586-76-1993
営業時間:11:00~16:00(ランチタイム11:30~L.O.14:00)
定休日:火曜
食べログ

月別アーカイブ

カテゴリー