初めての梅仕事!梅シロップを作ってみた

こんにちは、毎日暑くてだらけているうえだあやです。

私はこの夏、初めて梅シロップを作ってみました!

手軽に作れてとても美味しかったので、今回紹介したいと思います。

 

梅シロップとは

梅シロップは、青梅と氷砂糖で作ったシロップのことです。

瓶に青梅と氷砂糖を1:1の割合で入れて、冷蔵庫に10日ぐらい入れておくと、氷砂糖が解けて梅のエキスを吸って透明なシロップ状になります。

冷たい水やソーダで割って美味しく飲めるという、夏にピッタリのドリンクなのです!

 

梅シロップを作ろうと思ったきっかけ

毎年、5月も下旬になるとスーパーに青梅が並び、私も梅シロップを作ってみたいなとは思っていたのですが、なかなか作るまでには至りませんでした。

梅は高いし作るのも面倒だしと、代わりにジュースばかり買って飲んでいました。

そんな時、職場の同僚女性Fさんと休憩中に話をしていたら、最近梅シロップを作ってとても美味しかったと聞いた。

Fさんは笑顔がとても素敵で私はひそかに憧れているので、ぜひ作ってみようと決意しました!

梅シロップを作った時に参考にしたサイトも教えていただき、私もそのサイトを見ながら今回作ってみました。

>>簡単、梅シロップの作りかた | ほりぐち農園

 

梅シロップの材料

  • 青梅 1kg
  • 氷砂糖 1kg
  • 4リットルビン 1個
  • 爪楊枝 3本

青梅の旬は5月下旬~6月下旬なのですが、私が作ろうと思い立ったのはちょっと遅い7月初め。

近所のスーパー2軒回ってみたのですが、もう青梅は売っていなかったため通販で購入しました。

 

梅シロップの作り方

1.ビンを洗って乾燥させる

本当はビンを熱湯消毒するか、アルコール消毒するといいそうです。

しかし私の買ったビンは耐熱ガラスでなく、家にアルコールもなかったので、今回は水で洗うだけにしました。

 

2.青梅を洗う


青梅を水で洗います。

今回注文した青梅(南高梅)と一緒に送られてきたレシピに「南高梅はアク抜きをする必要はない」と書かれていたので、アク抜きはしませんでした。

 

3.青梅のヘタを取る


爪楊枝で青梅のヘタを取ります。

青梅のヘタ部分に爪楊枝を押し込むと、面白いようにぽろっとヘタが取れました。

だんだん爪楊枝の先がヘタってくるので、爪楊枝は3本使いました。

 

4.青梅を凍らせる


青梅を冷凍庫に入れると、繊維が破壊されて梅のエキスが出やすくなるらしい。

ビニール袋に入れて2日くらい冷凍庫に入れておきました。

 

5.青梅と氷砂糖をビンに入れる


青梅と氷砂糖を交互にビンに入れて、冷蔵庫で保存します。

氷砂糖が溶けやすくなるよう、毎日ビンを振りました。

 

6.できあがり!


12日後、氷砂糖がほとんど溶けたので、冷蔵庫から取り出しました。

青梅がしわしわです。

青梅を取り出して、別のビン(930ml×2本)に移し替えました。

約1リットルちょっとの梅シロップができました!

水で4倍くらいに薄めて飲んでみたら美味しかったです。

 

まとめ

初めて梅シロップを作ってみて、案外簡単に作れるものなんだなとびっくりしました。

今回かかった費用はビン代2000円、青梅+氷砂糖代2300円、合計4300円程でした。

せっかく4リットルビンを買ったので、何か今度他にも作ってみたいです!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。