【名古屋ビーガングルメ祭り2019】ボランティアとして参加してみた

名古屋・鶴舞公園で開催された「名古屋ビーガングルメ祭り2019」にボランティアとして参加してきました。

ビーガンについて知ることができて良かったです。

ボランティアの合間にビーガングルメを食べて、無料の青空ヨガにも参加して、楽しむことができました。

 

「ビーガングルメ祭り」とは

ビーガングルメ祭りは、
肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜(+白砂糖)を使用しないビーガン(ベジタリアン)の観点から、
「オーガニック」「ローフード」「マクロビオティック」「自然食」など体に優しく、
安心・安全な食材を使った屋台が並ぶナチュラル系のグルメフェスティバルです。

>>公式サイトより

東京・名古屋・京都の3会場で年5回(東京と名古屋は春と秋、京都は秋)開催されています。

 

私自身はビーガンではなく、普段何も意識せず、肉も魚も食べています。

ですが、以前一緒に食事をした女性が、ビーガンの方でした。

そこからビーガンについて興味を持ち、もっと知りたいと思うようになった。

 

そんな時、ビーガングルメ祭りのボランティア募集記事を見つけました。

ボランティアはビーガンでなくても参加可能。

時間も8:50〜18:00までとちょうど良く、ビーガングルメも食べてみたかったので、応募してみました。

 

ボランティアの様子


10月20日(日)朝8時半、JR鶴舞駅公園口を出てすぐ、会場の鶴舞公園に到着。

 


早めに到着したので、公園内を少し散歩してみました。

もう準備が始まっています。

 


8時40分になり、集合場所である噴水棟横の本部Bへと行きました。

 


挨拶をして名前を告げ、パンフレット・名札・ビブス(ベスト状の衣服に識別用のプリントやナンバリングを施したもの)を受け取りました。

 


9時10分、朝礼開始。

同時開催のヨガフェス「YOGA LIFE NAGOYA」のスタッフさんも一緒に、朝礼を行いました。

 


朝礼後は3人一組で出店者さんのブースを回り、販売する飲食物に動物性の原材料が使用されていないかチェックしました。

ビーガングルメ祭りでは、全ての飲食物に原材料の記載が必須となっています。

 


10時になり、ビーガングルメ祭り開始!

私は入口付近の本部Aでパンフレット(10円)を販売していました。

配置されているボランティアの人数に余裕があり、交代で本部Aを出てビーガングルメ祭りを楽しむことができました。

 

Cafe PAHANA


お店を見て回っていると、美味しそうなカレーを発見!

スリランカ料理のお店「Cafe PAHANA」さんです。

 


スリランカカレーは食べたことないから、食べてみたくなりました。

 


キャンディアンプレート(700円)を注文。

 


カレーは辛くて野菜たっぷりで美味しかった!

ココナツチャツネが甘くて、すごくカレーに合っていた。

バスマティライスは、普段食べなれている日本のお米と違って、細長くてパラパラしていた。

国によって、カレーの特徴もずいぶん違っていて面白い。

 

レーヴドゥイグレック


せっかくだから、焼き菓子も買うことにしました。

原材料チェックをしていたときに気になったお店、「創作焼き菓子工房レーヴドゥイグレック」さんへ。

 


いっぱい焼き菓子が売ってて、どれも美味しそう!

 


結局、見た目がかわいいビスケットを4種類購入。

 


家に持ち帰ったあと、りすの形をしたいちごビスケットを食べてみました。

いちごの香りがして、がりがりした固い食感で美味しかったです。

 

青空ヨガ


無料で参加できる青空ヨガも開催されていたため、私も参加してみました!

 


青空バランスボールの回では、バランスボールを使ったヨガで面白かった。

ヨガマットを持ってきてなかったのだけど、天気も晴れていて乾いた芝生の上だったため、快適にヨガをすることができました。

 


みんなでWAになってヨガの回は、みんなでひとつの大きな輪になって、ヨガをした。

普段はできない体験だから面白かった。

 

片づけ


15時半頃から徐々に片づけを始めました。

各ブースを回って、ごみやレンタル備品の回収等をお手伝いしました。

最後はスタッフ皆で記念写真を撮影して、18時10分には帰路につきました。

 

感想

スリランカカレーは美味しかったし、青空ヨガも楽しかった!

私は最近ホットヨガスタジオに通っているのですが、普段と違う形式のヨガに参加することができて、面白かったです。

ボランティア・ビーガングルメ・青空ヨガを楽しむことができて、充実していた。

 

今回ビーガングルメ祭りに参加したことで、ビーガンについて知ることができました。

私はビーガンではありませんが、ビーガン対応食品は私にとっても利点があると気づいた。

食わず嫌いを防いでくれるのだ。

私は見慣れない魚や肉を口に入れることができない。

貝やいくら、明太子、内蔵系の肉等、怖くて不安で口に入れるのを恐れてしまう食材がたくさんある。

でも、ビーガン対応食品は魚や肉を使用してないから、不安に陥ることなく、安心して食べることができた。

 

まとめ

今回は「名古屋ビーガングルメ祭り2019」にボランティアとして参加してきました。

会場の鶴舞公園には多くの方が来場され、とても賑わっていました。

「YOGA LIFE NAGOYA」との同時開催で、ビーガングルメもヨガも楽しむことができた!