【ギャラリーカフェ テオ】渡邊野乃香個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」

今回訪れたのは、愛知県名古屋市東区にあるギャラリーカフェ テオ。渡邊野乃香個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」を見に行ってきました。

 

ギャラリーカフェ テオ


ギャラリーカフェ テオは、愛知県名古屋市東区にあるギャラリー併設のカフェです。

1Fがカフェ、2Fがギャラリーとなっています。

 


今回は渡邊野乃香さんの個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」開催に合わせて行ってきました。

 

渡邊野乃香個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」


渡邊野乃香個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」

2020年3月21日(土)~3月25日(水)

ずっとずっと未来の話。

「ランプライトをいつまでも」は一つの物語によって展示が構成されています。
ストーリーを追いながら展示作品の世界をお楽しみ下さい。
即売でお持ち帰りができるミニ原画コーナーもあります。

ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語 | ギャラリーカフェ テオより

 


ギャラリーのふたつの部屋いっぱいに、絵が飾られていました。

 


右側の絵は、桜庭一樹/著『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』をテーマにした絵だった!

私も大好きな本だから、うれしかったです。

 


キラキラした夜空の星みたいなBGMも流れていて、部屋いっぱいに広がった物語とランプと可愛い女の子の世界観が、素敵だなと思いました。

 


「ランプを数えてシールを貰おう!」という企画も開催されていました。

 


私もランプを数えてオーナーさんに伝えたら、正解より3つ多かったー。

でもプラスマイナス3個までは許容範囲とのことで、シールを2枚いただきました!

 

コラボメニュー「ランプライトソーダ」


カフェではコラボメニューのランプライトソーダと、田舎スコーンのセット(950円)を注文しました。

 


ランプライトソーダは鮮やかな緑がとてもきれいで、美味しかった!

赤い星型のいちご寒天と、黄色い菱形のパイナップル寒天も入ってて、すごく可愛かったです。

 


スコーンは、プレーンとアールグレイ。

りんごと文旦の自家製ジャムがついていました。

ごろっとした果肉たっぷりのジャムで、美味しかった!

 

まとめ

今回はギャラリーカフェ テオの渡邊野乃香個展「ランプライトをいつまでもー絵の具で綴る物語ー」に行ってきました。

物語とランプと可愛い女の子の世界観が素敵な個展でした。

限定コラボメニューのランプライトソーダも美味しかった!

 

ギャラリーカフェ テオ
住所:愛知県名古屋市東区筒井3-9-10
TEL:090-8957-9319
営業時間:月・火・水曜11:00〜21:00、土・日曜11:00〜18:00
定休日:木・金曜
公式サイト / Facebook / Instagram / Twitter

カテゴリー

月別アーカイブ