【愛知県常滑市】やきもの散歩道(Aコース)を散策してみた

こんにちは、上田紋です。

今回は昨年の10/12(金)、愛知県常滑市に行ったときのことをようやくまとめたので記事にします。

やきもの散歩道(Aコース)をぶらぶら散策してきました。

散歩道のあらゆるところで常滑焼を見ることができた。

普段の生活では見かけないものばかりだったので、面白かったです。

 

常滑へ出発

12時過ぎに家を出る。

上着を羽織らず出たら、ちょっと寒くてまあいいやと思ったけど、風が強くて寒くて、常滑を歩いてるときに非常に後悔した。

 

JRに乗り、金山で名鉄に乗り換え、13:31常滑駅で下車。

まずは駅の観光案内所を訪ねて、やきもの散歩道マップをもらいました。

 

やきもの散歩道とは

愛知県知多半島の常滑市にあるやきもの散歩道は、中心市街地の小高い丘にある特に人気の観光スポット。
常滑駅から徒歩で5〜10分にある陶磁器会館が出発点です。

Aコース・・・1.6kmで所要時間は約60分。
レンガ造りの煙突や窯、黒塀の工場、陶器の廃材利用の坂道など、独特の雰囲気と歴史を伝える空間を歩きます。

Bコース・・・4kmで所要時間は約2時間30分。
常滑焼の歴史や産業観光施設のINAXライブミュージアムなど見学施設は盛りだくさん。

>>やきもの散歩道|常滑市観光協会より

今回はAコースを歩いてみることにしました。

1.6kmなら歩きやすそうだし、面白そうなものを見ることができそうだと思った。

 

とこなめ招き猫通り

常滑駅から、やきもの散歩道スタート地点の陶磁器会館へ歩いていく途中にある、とこなめ招き猫通り。

コンクリートの壁にたくさんの招き猫が埋め込まれていて、どれもかわいかった!

 


にゃんにゃんにゃんと3匹のねこ。

 


にまーっと笑顔のねこ。

 

しゃしゃしゃーっと猫ぱんちを繰り出しているようで面白い!

 

この御利益陶製招き猫は、常滑市の陶芸作家39人が一体ずつ手がけ、39体に様々なご利益が込められているそうです。

39体どれもみんな、個性豊かな招き猫で、見ていて面白かった。

 

ni:no(ニーノ)でお昼ごはん

スタート地点の陶磁器会館に着いたところで、もはやおなかがすいて歩く力がなくなってしまった。

どこか近くに飲食店はないかとやきもの散歩道マップを見て、陶磁器会館の角を曲がってすぐのところにある、ni:no(ニーノ)に行ってみました。

 


お店の外観がすごくかわいい!

こういうちょっと古びた感じというか、少しほころびがあって、経過した時間を感じられるような佇まいにときめきます。

 


店頭に掛かっていたボード。

1階が雑貨屋、2階がカフェ。

ランチメニューが美味しそうだったので、入ってみることにしました!

 


店内に入ってみると、様々な雑貨がずらりと並べられていました。

店員さんに声をかけて、2階へと階段を上がりました。

 


こちらが2階のカフェです。

 

ランチは3種類から選ぶことができ、どれも美味しそうで迷ってしまう!

今回はチキンとキャベツと玉ねぎのトマト煮込み(1,080円)にしました。

トマト煮込み大好き。

 


店員さんに注文して、最初に前菜プレートが運ばれてきました。

6種類の前菜が少しずつ載っています。

みんな味が違って、とても美味しい。

 


お水も冷たくて美味しかった~。

 


前菜を食べ終わった頃に、チキン・ご飯・サラダが運ばれてきました。

チキン柔らかくて美味しい!

ご飯も雑穀が入ってて、私の好きな少し固めの炊きあがりで美味しかった。

サラダは酢のドレッシングがさっぱりしてた。

 

やきもの散歩道(Aコース)を歩く


おなかがいっぱいになったところで、陶磁器会館から歩いて出発!

 


こんな細い小道がいっぱいあって、通るときにわくわくしました。

 


巨大な招き猫!

にゃんにゃん!

 


にっこり笑顔のお地蔵さま。

かわいい。

 


廻船問屋瀧田家に飾られていたねこ。

みんなお茶目な表情をしていて面白い。

 


土管坂。

壁にも地面にも焼き物が埋まっていてすごい。

 


この小道も素敵でわくわくした。

 

ギャラリー ほたる子


ふらりと入ってみたこちらのお店が素敵だった。

店内の焼き物を眺めていたら、店主さんが話しかけて下さった。

色々お話ししていたら、翌日から陶芸の展示を行う竹内礼さんという方が店内で準備作業をされているとのことで、ちょっと覗かせていただきました。

 


展示用のポスターをちょうど描かれているところでした。

美濃和紙に、下描きなしですらすら線を引いて色を塗られていて、すごい。

竹内さんとも少しお話させていただいて、やっぱり普段接点がない方と話すのは自分の知らない世界に触れることができて、とても好奇心が刺激されて面白いです。

 


お店の外に出てみると、店頭に置かれていた焼き物の蛙がかわいかった!

 


森永ミルクキャラメルの看板に、猿のような生き物の組み合わせが妙で面白い。

 

パン工房 風舎


『東海発!小さなひとり旅』に載っていたパン屋さん。

美味しそうなパンやラスクが色々売っていました。

 


大好きなくるみ入りの食パンが売っていたので、買ってみました。

 


家に帰ったあと、焼いてバターを載せて食べてみました。

パンがふわっふわ!

くるみの食感がかりかりして美味しかったです。

 

sugi cafe


最後にどこかで休憩したいなと思い、見かけて立ち寄ったカフェ。

 


建物内に入ると、薄暗がりのなかで写真が展示されていて、とても素敵でした。

 


暗い道を奥へと進んでいきます。

 


なんか素敵な空間が!

 


左側の扉を開けて入ってみると、カフェになっていました。

 


カフェラテを注文。

店内は落ち着いた雰囲気でゆっくりと過ごすことができました。

 

まとめ

今回は愛知県常滑市のやきもの散歩道(Aコース)を散策して、面白かったです。

そして、次は3月に佐久島へ行ってきます!

佐久島はずっと行きたいと思ったまま、後回しにしちゃってなかなか行動に踏み切れなかったのですが、ようやく行く決意ができたので、ブログで宣言しておきます!

海外旅行に行きたいと思った時もそうでしたが、人の目に触れるブログに書くと、実現に向けて行動しようという気持ちになります。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼