【岐阜県山県市】廃校の教室で、言葉と写真を学ぶバスツアーに参加してみた

名古屋駅発の日帰りバスツアーで、岐阜県山県市に行ってきました。

廃校になった小学校の教室で、脚本家・今井雅子さんから「言葉」を、写真家・鈴木文彦さんから「写真」を学びました。

昼食は図書室で手作りの田舎料理をいただき、とっても美味しかったです!

 

山県へ出発!


朝8時過ぎに家を出て、名古屋駅から徒歩5分の名鉄バスセンター4階21番のりばへ。

 

今回私が参加したのは、山県市役所 企画財政課主催の日帰りバスツアーです。

「休日の廃校で開かれる、大人のための4回の特別授業」がテーマとなっており、10月5日(土)「山が言葉を歌にする」の回を申し込んでみました。

廃校の教室に行く機会なんて滅多にないし、言葉と写真を学んで、ブログに活かすことができればいいなと思いました。

 


9時10分、バスに乗り出発!

参加者は20名で、座席は指定席。

隣に座られた女性が優しい方で、色々話しかけてきてくださって、うれしかったです。

 


9時55分、岐阜県各務原市の川島パーキングエリアに到着。

15分ほど休憩して、また出発しました。

 

北山交流センター(旧北山小学校)に到着


11時10分、岐阜県山県市の北山交流センター(旧北山小学校)に到着!

こちらの北山交流センターで、写真と言葉について学びます。

 


北山交流センターは、平成9年に廃校となった旧北山小学校の校舎を利用しています。

 


もう山のなかにある学校って感じで、圧倒された。

 


校舎の中に入ると、閉校時で時を止めた時計があり、年月を感じました。

 

岐阜バスでの行き方


北山交流センターのすぐ目の前にはバス停があり、「岐阜駅」からバスも出ています。

 


ただ本数が少なく、途中の「谷合」で1回乗り換える必要があります。

 

「言葉」の授業


小学校の教室に入るなんて、すっごく久しぶりだから、何だかどきどきした!

 


席は自由とのことで、いちばん前に座ってみました。

 


「美山の北山茶」というご当地限定のお茶をいただきました!

お茶大好きだからうれしかった~。

 

11時25分、脚本家の今井雅子さんによる「言葉」の授業が始まりました。

自分の指をキャラクターに見立てて、キャラになりきって皆の前で自己紹介するのが、面白かった。

私は自分の小指を、大好きなぬいぐるみに見立てて、自己紹介した。

色んな人が笑ってくれたので良かった。

人前に立って発表するのはどきどきするし、緊張するけど、結構好きだと気づいた。

 

人を笑わせているのか、人に笑われているのか。

人から注目されるのは、何か自分のなかで少し削られると同時に満たされる気持ちがあった。

 

図書室での昼食


12時20分、昼食のため図書室へ移動。

図書室でご飯を食べるなんて、初めてだからどきどきした!

 


こちらは、北山交流センター内の農家レストラン「舟伏の里へ おんせぇよぉ~」で作られた昼食です。

地域の方が中心となって、手作りの田舎料理を提供されています。

 


どれも美味しかった!

あっという間に平らげてしまった。

 

今回は1テーブル5人で席について、昼食をいただいた。

自分から話しかけることが一言もできなかった。

初めて会う人とのコミュニケーションは、苦手だと実感した。

 

「写真」の授業


13時、教室に戻り、写真家の鈴木文彦さんによる「写真」の授業を受けました。

 


チェキがいっぱい!

チェキは、撮ったその場でプリントできるインスタントカメラです。

1人1台チェキをお借りして、写真を撮りに行きました。

 


私がお借りした「instax mini LiPlay」は、モニターがついていて、撮った写真のなかから選んでプリントできて、便利だった。

私が知っているチェキからすっごく進化していてびっくりした!

 


早速外に出て、写真を撮りに行きました。

 


色々撮って、プリントしてみた!

最後はいちばんお気に入りの写真を、皆の前で見せながら発表しました。

 


こちらが私のいちばんのお気に入りです!

北山交流センターの敷地内で撮った写真なのですが、何だか不思議で、うさぎみたいな生き物の表情がかわいかった。

 

最後はアンケートを記入して、17時にバスで出発し、19時に名鉄バスセンターに戻ってきました。

 

感想

面白い経験ができたので良かった。

参加費3,000円で、バス代+ワークショップ+昼食代全て込みという、破格の安さであった。

 

しかし、バスツアーは長時間の団体行動だ。

初めて会う方々と長時間行動を共にするバスツアーは、苦手だと分かった。

写真を撮りに歩き回るときも、他の人のなかにいることができず、ひとりでぶらぶら歩いてしまった。

 

あと、今回参加してみて、私は「写真を撮ること」が好きではないと分かった。

「体験を記録するために、写真を撮って、ブログに文章と一緒にアップすること」が好きだったのだ。

そして、フィルムカメラで撮ったような、色褪せた雰囲気の写真が好きだと気づいた。

古ぼけたような、淡い、懐かしさに満ちた写真を見ていると、何とも言えない気持ちになる。

 

まとめ

今回は、日帰りバスツアーで岐阜県山県市に行ってきました!

廃校の教室で言葉と写真を学んだり、美味しいご飯をいただいて、珍しい経験をすることができました。

私も好きなように写真を撮って、これからもブログに載せていきたいです。