岐阜のブックカフェ「喫茶ヨジハン文庫」に行ってみた

こんにちは、今朝起きたら肌寒くてびっくりしたうえだあやです。

今回は9/11(火)の夜、岐阜県岐阜市のブックカフェ「喫茶ヨジハン文庫」に行ってきました!

 

喫茶ヨジハン文庫とは


喫茶ヨジハン文庫は、JR岐阜駅から徒歩20分のところにあるブックカフェです。

昭和6年に創業して約85年続いた「栄文堂書店」が閉店したあと、ブックカフェとして生まれ変わったとのこと。

ネットで検索してみたらとても雰囲気が良さそうで、以前から気になっていた。

今回は仕事帰りにふらっと行ってみました!

 

喫茶ヨジハン文庫に到着!


JR岐阜駅から20分ほど歩き、喫茶ヨジハン文庫に17:55到着。

お店の前の看板を見ると、9月と10月に限り毎日営業だって!

すごい。

 

本日のオススメはレアチーズケーキだそう。

これは絶対に注文しなければ。

 

店内の様子


店内に入ると、落ち着いてひっそりとしていて、やっぱりすごく雰囲気が素敵。

20時を過ぎて、お客さんが少なくなった時に店主の芳子さんに声をかけて、店内の写真を色々撮らせていただきました。

 

座席はテーブル席やソファ席、本棚に向かう形のカウンター席もあり。

 

こちらは出入り口からいちばん奥にある、4人掛けのテーブル席。

1人でも数人で来ても、利用しやすそうです。

 

ドライフラワーがところどころに飾られていて、とてもきれい。

芳子さんに、好きな座席にどうぞと声をかけられ、カウンター席に座りました。

 

ドリンクとケーキを注文


今回はアイスカフェオレとレアチーズケーキ(セットで税込860円)を注文しました。

レアチーズケーキ、オススメなだけあって、これはとても美味しかった!

 
国産レモンの自家製シロップを使用しており、さっぱりしていて、レモンの味がすごくする。

バニラアイスも添えられていて、アイスの甘さとレモンの酸味がちょうどいい。

 
サービスで付けて下さったお手製のちんすこうも美味しかった。

ラードは使用せずに、国産小麦粉・菜種油・砂糖・塩を使って作られているそうで、こだわりを感じられた。

 

本のジャンル


写真集、文庫本、新書、絵本、生活実用書など、幅広い分野の本が棚に並べられていた。

 
目の前の棚に置いてあって、気になり手に取ったのがこちらの本。


美輪明宏さんの『愛の話 幸福の話』です。

美輪さんの本は初めて読みましたが、面白くてやめられず、結局最後まで読み切りました。

美輪さんはとても教養のある、美しくて深みのある方だと思った。

そんな人に私もなりたい。

 
本を読んでいたら、隣に座っていた女性に話しかけられ、色々と話をすることができました。

明るくて素敵な方で、気軽に人に話しかけることができてすごいなと思った。

職場の話をしたら、「〇〇さんって知ってる?」と聞かれ、びっくりした。

何と職場の同僚と繋がりのある方だった。

世間は広いようで狭い、どこで誰と繋がっているか分からなくて面白い。

 

喫茶ヨジハン文庫の魅力


こちらは顔出しOKな喫茶ヨジハン文庫のお愛想担当スタッフだそう。

めっちゃかわいいねこ!


よじにゃんかわいすぎる……。

 
今回喫茶ヨジハン文庫に行ってみて、店主の芳子さんの人柄が素朴で優しくて親しみがあって、とても惹かれました。

芳子さんとも色々お話させていただいたのですが、芳子さんの人柄が影響して、よいお客さんも来て、ブックカフェの雰囲気が出来ていると感じた。

とても居心地が良かったです。

 

まとめ

今回は岐阜のブックカフェ「喫茶ヨジハン文庫」に行ってきました。

店主の芳子さんは素敵な方だったし、よじにゃんは可愛かったし、レアチーズケーキがとても美味しかった!

結局20:30まで2時間半ほどいました。

居心地のいい、あったかいブックカフェでした。

 

喫茶ヨジハン文庫
岐阜県岐阜市神田町1丁目6
(JR岐阜駅から徒歩20分)
TEL 058-201-0073
>>Facebook
>>Instagram

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

1985年7月30日生まれの33歳。 愛知県一宮市在住。 契約社員として働いています。 「人・本・旅」をテーマに、ブログを更新中。 いろいろな人に会って、本を読んで多くを学び、いろいろなところに行ってみたい。